HOME 国内

2022.10.16

女子三段跳・森本麻里子が13m84!日本歴代2位の自己記録を2cm更新/田島記念
女子三段跳・森本麻里子が13m84!日本歴代2位の自己記録を2cm更新/田島記念

◇田島記念(10月15日~16日/山口・維新みらいふスタジアム)

広告の下にコンテンツが続きます

日本グランプシリーズ最終戦となる山口大会「第19回田島直人記念陸上」の2日目が行われ、女子三段跳で森本麻里子(内田建設AC)が3回目に13m84(+1.3)の大ジャンプ。8月末にドイツで出した日本歴代2位の自己記録13m82を2cm更新する大会新で優勝を飾った。

森本は1回目はファウルだったが、2回目を13m49(+0.1)にまとめ、3回目の自己新ジャンプにつなげた。日本人2人目の14m台、日本記録の14m04を目指した4回目以降は13m60(+1.2)、ファウル、ファウルと記録を伸ばせなかったが、9月に学生記録(13m81)を作った船田茜理(武庫川女大)が13m31(+0.5)で2位、今季前半は常に競り合う相手だった髙島真織子(九電工)が13m07(+0.7)で3位というなか、圧倒的な内容で制した。

昨年までの自己ベストは13m37だった森本は、今年に入って大躍進。3月の日本選手権室内で23年ぶり室内日本新の13m31をマークしたのを皮切りに、屋外では自己新を連発してきた。4連覇を飾った日本選手権のあとはドイツへ渡り、13m80オーバーを達成。9月の全日本実業団対抗選手権ではファウルながら14m前後のジャンプを見せていた。

大阪・太成学院高時代にはインターハイ走幅跳で2位など活躍。三段跳は日女体大進学後に始め、徐々に日本選手権や日本インカレの上位常連に。2019年には冬季五輪を目指してボブスレーにも挑戦するため、ドイツへ渡った経歴を持つ。

広告の下にコンテンツが続きます

そのつながりで現在はドイツ人コーチに師事し、国内では高校の先輩である日大の森長正樹コーチからアドバイスを受けて力をつけてきた。

花岡麻帆が1999年に作った日本記録まであと20cm。いよいよ、射程圏内に入ってきた。

■女子三段跳日本歴代5傑
14m04 花岡麻帆(三英社) 1999年
13m84 森本麻里子(内田建設AC) 2022年
13m81 船田茜理(武庫川女大)2022年
13m65 河合栞奈(大阪成蹊大) 2019年
13m52 宮坂 楓(ニッパツ) 2016年

FacebookTwitter

広告の下にコンテンツが続きます
◇田島記念(10月15日~16日/山口・維新みらいふスタジアム) 日本グランプシリーズ最終戦となる山口大会「第19回田島直人記念陸上」の2日目が行われ、女子三段跳で森本麻里子(内田建設AC)が3回目に13m84(+1.3)の大ジャンプ。8月末にドイツで出した日本歴代2位の自己記録13m82を2cm更新する大会新で優勝を飾った。 森本は1回目はファウルだったが、2回目を13m49(+0.1)にまとめ、3回目の自己新ジャンプにつなげた。日本人2人目の14m台、日本記録の14m04を目指した4回目以降は13m60(+1.2)、ファウル、ファウルと記録を伸ばせなかったが、9月に学生記録(13m81)を作った船田茜理(武庫川女大)が13m31(+0.5)で2位、今季前半は常に競り合う相手だった髙島真織子(九電工)が13m07(+0.7)で3位というなか、圧倒的な内容で制した。 昨年までの自己ベストは13m37だった森本は、今年に入って大躍進。3月の日本選手権室内で23年ぶり室内日本新の13m31をマークしたのを皮切りに、屋外では自己新を連発してきた。4連覇を飾った日本選手権のあとはドイツへ渡り、13m80オーバーを達成。9月の全日本実業団対抗選手権ではファウルながら14m前後のジャンプを見せていた。 大阪・太成学院高時代にはインターハイ走幅跳で2位など活躍。三段跳は日女体大進学後に始め、徐々に日本選手権や日本インカレの上位常連に。2019年には冬季五輪を目指してボブスレーにも挑戦するため、ドイツへ渡った経歴を持つ。 そのつながりで現在はドイツ人コーチに師事し、国内では高校の先輩である日大の森長正樹コーチからアドバイスを受けて力をつけてきた。 花岡麻帆が1999年に作った日本記録まであと20cm。いよいよ、射程圏内に入ってきた。 ■女子三段跳日本歴代5傑 14m04 花岡麻帆(三英社) 1999年 13m84 森本麻里子(内田建設AC) 2022年 13m81 船田茜理(武庫川女大)2022年 13m65 河合栞奈(大阪成蹊大) 2019年 13m52 宮坂 楓(ニッパツ) 2016年 FacebookTwitter

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top