HOME 海外

2022.10.10

世界陸連が22年フェアプレー賞の最終候補を発表 ライバルを励ました七種競技のジョンソン・トンプソンらがノミネート
世界陸連が22年フェアプレー賞の最終候補を発表 ライバルを励ました七種競技のジョンソン・トンプソンらがノミネート

WA(世界陸連)は10月6日、国際フェアプレー委員会(CIFP)の22年フェアプレー賞の最終候補を発表した。オレゴン世界選手権において最もフェアプレーを体現していた場面への投票をSNSで実施し、審査員の審査をあわせて最終候補が決められた。受賞者は12月上旬に発表される。候補は以下のとおり。

1.K.ナジョット(米国)とH.ブラッドショー(米国)
女子棒高跳でブラッドショーのポールがウォームアップ中に折れ、頭から落下して負傷。ナジョットが駆けつけてサポートした。ブラッドショーはこの負傷によって競技を棄権。それについてSNS上で非難の声が上がったが、ナジョットは反論してブラッドショーを擁護した。

広告の下にコンテンツが続きます

2.Y.マフチフ(ウクライナ)とA.プロツェンコ(ウクライナ)
女子走高跳のマフチフと男子走高跳のプロツェンコはウクライナの現状による困難にもかかわらず、強さと回復力を発揮し、それぞれ銀メダルと銅メダルを獲得した。

3.K.ジョンソン-トンプソン(英国)
女子七種競技に出場していたトンプソンは、同種目の走幅跳で3回のファールの結果に終わったS.ヴァイセンベルク(ドイツ)を励ます姿を見せた。

今回の審査員にはCIFPの会員とWAから6人のメンバーが参加。00年シドニー五輪女子マラソン金メダルリストの高橋尚子さんも一員として臨席した。

WA(世界陸連)は10月6日、国際フェアプレー委員会(CIFP)の22年フェアプレー賞の最終候補を発表した。オレゴン世界選手権において最もフェアプレーを体現していた場面への投票をSNSで実施し、審査員の審査をあわせて最終候補が決められた。受賞者は12月上旬に発表される。候補は以下のとおり。 1.K.ナジョット(米国)とH.ブラッドショー(米国) 女子棒高跳でブラッドショーのポールがウォームアップ中に折れ、頭から落下して負傷。ナジョットが駆けつけてサポートした。ブラッドショーはこの負傷によって競技を棄権。それについてSNS上で非難の声が上がったが、ナジョットは反論してブラッドショーを擁護した。 2.Y.マフチフ(ウクライナ)とA.プロツェンコ(ウクライナ) 女子走高跳のマフチフと男子走高跳のプロツェンコはウクライナの現状による困難にもかかわらず、強さと回復力を発揮し、それぞれ銀メダルと銅メダルを獲得した。 3.K.ジョンソン-トンプソン(英国) 女子七種競技に出場していたトンプソンは、同種目の走幅跳で3回のファールの結果に終わったS.ヴァイセンベルク(ドイツ)を励ます姿を見せた。 今回の審査員にはCIFPの会員とWAから6人のメンバーが参加。00年シドニー五輪女子マラソン金メダルリストの高橋尚子さんも一員として臨席した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top