HOME 海外

2022.10.10

チェプンゲティチが女子歴代2位の2時間14分18秒! 男子は細谷恭平が日本人トップの6位/シカゴ・マラソン
チェプンゲティチが女子歴代2位の2時間14分18秒! 男子は細谷恭平が日本人トップの6位/シカゴ・マラソン

10月9日、第44回シカゴ・マラソンが米国の当地で行われ、女子のルース・チェプンゲティチ(ケニア)が世界歴代2位の2時間14分18秒で2連覇を飾った。

3年前のこの大会でブリジット・コスゲイ(ケニア)が樹立した世界記録(2時間14分04秒)の更新を狙ったチェプンゲティチはスタートともに飛び出すと、5kmを15分11秒、10kmを30分40秒とマラソンのスプリットとしては前例のないスピードで激走。中間点は1時間5分44秒と世界記録のペースを1分以上も上回るタイムで通過した。

25kmから30kmまでの5kmも15分58秒と16分を切るペースを維持したが、30km以降は徐々にスピードダウン。40kmでは2時間7分02秒とコスゲイの通過タイムよりも9秒速かったものの、ラストの2.195kmもスピードは上がらず、世界記録から14秒遅れでのフィニッシュとなった。

それでも、19年のドバイでマークした自己記録の2時間17分08秒を2分以上も更新。途中棄権に終わった7月のオレゴン世界選手権の悔しさを晴らした。

チェプンゲティチは1994年生まれの28歳。早くからロードで頭角を現し、マラソンデビューとなった17年のイスタンブールで2時間22分36秒で優勝し、19年の世界選手権では金メダルを獲得した。21年にはハーフマラソンで1時間4分02秒の世界記録(当時)を樹立。今年3月の名古屋ウイメンズマラソンでは女子単独レース世界歴代2位となる2時間17分18秒で優勝を飾っている。昨年の東京五輪、今年の世界選手権と大舞台で2度の途中棄権はあるものの、ここまでのマラソン成績は11戦して7勝、2位1回、3位1回と強さを誇っている。

また、2度目のマラソンとなったエミリー・シッソン(米国)が2時間18分29秒で2位。ケイラ・ダマート(米国)が今年1月に打ち立てた北米記録(2時間19分12秒)を43秒上回った。

一方、男子はベンソン・キプルト(ケニア)がS.トゥラ(エチオピア)らとの競り合いを制し、2時間4分24秒で優勝。日本人では後半に順位を上げた細谷恭平が2時間8分05秒で6位に食い込んだ。

■第44回シカゴ・マラソン上位成績
<男子>
1位 B.キプルト(ケニア)    2.04.24
2位 S.トゥラ(エチオピア)   2.04.49
3位 J.コリル(ケニア)     2.05.01
4位 B.コエチ(ケニア)     2.07.15
5位 S.タムル(エチオピア)   2.07.53
6位 細谷恭平(黒崎播磨)     2.08.05
7位 C.マンツ(米国)      2.08.16
8位 H.サフリ(モロッコ)    2.08.22
9位 E.K.キプタヌイ(オランダ) 2.08.26
10位 董國建(中国)       2.08.53
14位 中西亮貴(トーエネック)  2.09.59
20位 藤曲寛人(トヨタ自動車九州)2.13.04
23位 古賀淳紫(安川電機)    2.13.16
<女子>
1位 R.チェプンゲティチ(ケニア)2.14.18
2位 E.シッソン(米国)     2.18.29=北米新
3位 V.キプラガト(ケニア)   2.20.52
4位 R.アガ(エチオピア)    2.21.41
5位 W.メカシャ(エチオピア)  2.23.41
6位 S.サリヴァン(米国)    2.25.14
7位 S.ボーン(米国)      2.26.23
8位 M.モントーヤ(米国)    2.28.07
9位 S.イングリス(英国)    2.29.37
10位 M.モーリー(米国)     2.30.28

■女子マラソン世界歴代10傑〔2022.10.9時点〕
2.14.04 B.コスゲイ(ケニア)     2019.10.13
2.14.18 R.チェプンゲティチ(ケニア) 2022.10. 9
2.15.25 P.ラドクリフ(英国)     2003. 4.13
2.15.37 T.アセファ(エチオピア)   2022. 9.25
2.17.01 M.ケイタニー(ケニア)    2017. 4.23
2.17.16 P.ジェプチルチル(ケニア)  2020.12. 6
2.17.23 Y.イェフアラウ(エチオピア) 2022. 4.24
2.17.41 W.デゲファ(エチオピア)   2019. 1.25
2.17.43 J.ジェプコスゲイ(ケニア)  2021.10. 3
2.17.45 L.チェムタイ・サルペーター(イスラエル) 2020. 3. 1

10月9日、第44回シカゴ・マラソンが米国の当地で行われ、女子のルース・チェプンゲティチ(ケニア)が世界歴代2位の2時間14分18秒で2連覇を飾った。 3年前のこの大会でブリジット・コスゲイ(ケニア)が樹立した世界記録(2時間14分04秒)の更新を狙ったチェプンゲティチはスタートともに飛び出すと、5kmを15分11秒、10kmを30分40秒とマラソンのスプリットとしては前例のないスピードで激走。中間点は1時間5分44秒と世界記録のペースを1分以上も上回るタイムで通過した。 25kmから30kmまでの5kmも15分58秒と16分を切るペースを維持したが、30km以降は徐々にスピードダウン。40kmでは2時間7分02秒とコスゲイの通過タイムよりも9秒速かったものの、ラストの2.195kmもスピードは上がらず、世界記録から14秒遅れでのフィニッシュとなった。 それでも、19年のドバイでマークした自己記録の2時間17分08秒を2分以上も更新。途中棄権に終わった7月のオレゴン世界選手権の悔しさを晴らした。 チェプンゲティチは1994年生まれの28歳。早くからロードで頭角を現し、マラソンデビューとなった17年のイスタンブールで2時間22分36秒で優勝し、19年の世界選手権では金メダルを獲得した。21年にはハーフマラソンで1時間4分02秒の世界記録(当時)を樹立。今年3月の名古屋ウイメンズマラソンでは女子単独レース世界歴代2位となる2時間17分18秒で優勝を飾っている。昨年の東京五輪、今年の世界選手権と大舞台で2度の途中棄権はあるものの、ここまでのマラソン成績は11戦して7勝、2位1回、3位1回と強さを誇っている。 また、2度目のマラソンとなったエミリー・シッソン(米国)が2時間18分29秒で2位。ケイラ・ダマート(米国)が今年1月に打ち立てた北米記録(2時間19分12秒)を43秒上回った。 一方、男子はベンソン・キプルト(ケニア)がS.トゥラ(エチオピア)らとの競り合いを制し、2時間4分24秒で優勝。日本人では後半に順位を上げた細谷恭平が2時間8分05秒で6位に食い込んだ。 ■第44回シカゴ・マラソン上位成績 <男子> 1位 B.キプルト(ケニア)    2.04.24 2位 S.トゥラ(エチオピア)   2.04.49 3位 J.コリル(ケニア)     2.05.01 4位 B.コエチ(ケニア)     2.07.15 5位 S.タムル(エチオピア)   2.07.53 6位 細谷恭平(黒崎播磨)     2.08.05 7位 C.マンツ(米国)      2.08.16 8位 H.サフリ(モロッコ)    2.08.22 9位 E.K.キプタヌイ(オランダ) 2.08.26 10位 董國建(中国)       2.08.53 14位 中西亮貴(トーエネック)  2.09.59 20位 藤曲寛人(トヨタ自動車九州)2.13.04 23位 古賀淳紫(安川電機)    2.13.16 <女子> 1位 R.チェプンゲティチ(ケニア)2.14.18 2位 E.シッソン(米国)     2.18.29=北米新 3位 V.キプラガト(ケニア)   2.20.52 4位 R.アガ(エチオピア)    2.21.41 5位 W.メカシャ(エチオピア)  2.23.41 6位 S.サリヴァン(米国)    2.25.14 7位 S.ボーン(米国)      2.26.23 8位 M.モントーヤ(米国)    2.28.07 9位 S.イングリス(英国)    2.29.37 10位 M.モーリー(米国)     2.30.28 ■女子マラソン世界歴代10傑〔2022.10.9時点〕 2.14.04 B.コスゲイ(ケニア)     2019.10.13 2.14.18 R.チェプンゲティチ(ケニア) 2022.10. 9 2.15.25 P.ラドクリフ(英国)     2003. 4.13 2.15.37 T.アセファ(エチオピア)   2022. 9.25 2.17.01 M.ケイタニー(ケニア)    2017. 4.23 2.17.16 P.ジェプチルチル(ケニア)  2020.12. 6 2.17.23 Y.イェフアラウ(エチオピア) 2022. 4.24 2.17.41 W.デゲファ(エチオピア)   2019. 1.25 2.17.43 J.ジェプコスゲイ(ケニア)  2021.10. 3 2.17.45 L.チェムタイ・サルペーター(イスラエル) 2020. 3. 1

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top