HOME 国内

2022.10.10

高山峻野が大会新で貫禄勝ち 女子走高跳の髙橋渚は自己新V/栃木国体
高山峻野が大会新で貫禄勝ち 女子走高跳の髙橋渚は自己新V/栃木国体


◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)4日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会4日目は男女8種目で決勝が行われた。

3種目で大会記録が更新され、成年男子110mハードルでは東京五輪代表の高山峻野(広島・ゼンリン)が13秒45(+0.5)で優勝。金井大旺が18年に樹立した大会記録を4年ぶりに塗り替えた。U20規格で行われた少年B110mハードルは浅井惺流(静岡・東海大翔洋高1)が高1歴代4位となる13秒96をマーク。2位に0.15秒差をつける快勝だった。

少年女子Aやり投では高校2年の櫻井希美(岐阜・済美高)が6投目に高校歴代4位の57m17をスロー。北口榛花(現・JAL)が高校時代にマークした大会記録を更新し、優勝に花を添えた。

成年女子走高跳の髙橋渚(東京・メイスンワーク)は自己新の1m84でV。成年女子走幅跳ではオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(大阪・シバタ工業)が6m40(+0.8)で優勝を飾っている。

このほか、少年男子共通5000m競歩はU20世界選手権代表の下池翔多郎(鹿児島・鹿児島工高3)が20分15秒11で快勝した。

総合争いは男女総合(天皇杯)、女子総合(皇后杯)ともに大阪が首位をキープ。女子総合では東京が7点差で続いている。

大会最終日の10日は、11種目で決勝が行われる。

●4日目の優勝者
<男子>
成年110mH   高山峻野(広島・ゼンリン)    13秒45(+0.5)=大会新
少年Aやり投   谷口大翔(滋賀・彦根翔西館高2) 65m27
少年B110mH  浅井惺流(静岡・東海大翔洋高1) 13秒96(+0.2)=大会新
少年共通5000mW 下池翔多郎(鹿児島・鹿児島工高3)20分15秒11
少年共通走高跳  原口颯太(宮崎・宮崎農高3)   2m13
<女子>
成年走高跳    髙橋 渚(東京・メイスンワーク) 1m84
成年走幅跳    秦澄美鈴(大阪・シバタ工業)   6m40(+0.8)
少年Aやり投   櫻井希美(岐阜・済美高2)    57m17=大会新

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)4日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会4日目は男女8種目で決勝が行われた。 3種目で大会記録が更新され、成年男子110mハードルでは東京五輪代表の高山峻野(広島・ゼンリン)が13秒45(+0.5)で優勝。金井大旺が18年に樹立した大会記録を4年ぶりに塗り替えた。U20規格で行われた少年B110mハードルは浅井惺流(静岡・東海大翔洋高1)が高1歴代4位となる13秒96をマーク。2位に0.15秒差をつける快勝だった。 少年女子Aやり投では高校2年の櫻井希美(岐阜・済美高)が6投目に高校歴代4位の57m17をスロー。北口榛花(現・JAL)が高校時代にマークした大会記録を更新し、優勝に花を添えた。 成年女子走高跳の髙橋渚(東京・メイスンワーク)は自己新の1m84でV。成年女子走幅跳ではオレゴン世界選手権代表の秦澄美鈴(大阪・シバタ工業)が6m40(+0.8)で優勝を飾っている。 このほか、少年男子共通5000m競歩はU20世界選手権代表の下池翔多郎(鹿児島・鹿児島工高3)が20分15秒11で快勝した。 総合争いは男女総合(天皇杯)、女子総合(皇后杯)ともに大阪が首位をキープ。女子総合では東京が7点差で続いている。 大会最終日の10日は、11種目で決勝が行われる。 ●4日目の優勝者 <男子> 成年110mH   高山峻野(広島・ゼンリン)    13秒45(+0.5)=大会新 少年Aやり投   谷口大翔(滋賀・彦根翔西館高2) 65m27 少年B110mH  浅井惺流(静岡・東海大翔洋高1) 13秒96(+0.2)=大会新 少年共通5000mW 下池翔多郎(鹿児島・鹿児島工高3)20分15秒11 少年共通走高跳  原口颯太(宮崎・宮崎農高3)   2m13 <女子> 成年走高跳    髙橋 渚(東京・メイスンワーク) 1m84 成年走幅跳    秦澄美鈴(大阪・シバタ工業)   6m40(+0.8) 少年Aやり投   櫻井希美(岐阜・済美高2)    57m17=大会新

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top