HOME 国内

2022.09.24

長麻尋が女子やり投制す 高3以来の日本一「60mは見えています」/全日本実業団
長麻尋が女子やり投制す 高3以来の日本一「60mは見えています」/全日本実業団

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)2日目

全日本実業団対抗選手権2日目に行われた女子やり投は実業団1年目の長麻尋(国士大教)が57m23で初優勝を収めた。

1、2回目は53m台にとどまり、3回目に54m25。5回目に55m46で3位で迎えたラスト1投で優勝記録を放った。「数mずつ伸ばしていってしまった。1回目にしっかり記録を残さないといけないです。精神的な部分が課題」と振り返る。

それでも、高3のU20日本選手権以来の日本一のタイトルに、「勝ちにこだわりたかったので勝ててうれしいです」と久しぶりに笑顔が弾けた。

和歌山北高2年で56m48(現高校歴代6位)を放ちインターハイも優勝。野球一家に育ち、その強肩を生かした投げで早くから期待を寄せられ、日本陸連ダイヤモンドアスリートにも選出された逸材だ。

それでも国士大に進んでからは環境の変化や肩周り、腰のケガに悩まされ結果が出ない日々が続く。大学3年目でようやく高2の自己記録を更新する56m58。国士大らしく4年目でしっかり記録を伸ばして58m57をマークした。今季は5月の木南記念で59m37を投げて北口榛花(JAL)に次ぐ2位。大器がようやく本領発揮し始めた。

ケガなく順調に練習できているが、「練習でも良いときは良いのですが、一つ崩れるとガタッときてしまいます」と言い、それが試合での安定感のなさに直結。それでも「60mは見えています」ときっぱり言えるほど自信はついてきた。同学年の武本紗栄(佐賀スポ協)がオレゴン世界選手権のファイナルに進出しただけに、「悔しかったです。来年、再来年は自分が必ず出ます」。

復活よりも進化を遂げようとする大器が、活況の女子やり投で再び輝きを放つ日は遠くない。

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)2日目 全日本実業団対抗選手権2日目に行われた女子やり投は実業団1年目の長麻尋(国士大教)が57m23で初優勝を収めた。 1、2回目は53m台にとどまり、3回目に54m25。5回目に55m46で3位で迎えたラスト1投で優勝記録を放った。「数mずつ伸ばしていってしまった。1回目にしっかり記録を残さないといけないです。精神的な部分が課題」と振り返る。 それでも、高3のU20日本選手権以来の日本一のタイトルに、「勝ちにこだわりたかったので勝ててうれしいです」と久しぶりに笑顔が弾けた。 和歌山北高2年で56m48(現高校歴代6位)を放ちインターハイも優勝。野球一家に育ち、その強肩を生かした投げで早くから期待を寄せられ、日本陸連ダイヤモンドアスリートにも選出された逸材だ。 それでも国士大に進んでからは環境の変化や肩周り、腰のケガに悩まされ結果が出ない日々が続く。大学3年目でようやく高2の自己記録を更新する56m58。国士大らしく4年目でしっかり記録を伸ばして58m57をマークした。今季は5月の木南記念で59m37を投げて北口榛花(JAL)に次ぐ2位。大器がようやく本領発揮し始めた。 ケガなく順調に練習できているが、「練習でも良いときは良いのですが、一つ崩れるとガタッときてしまいます」と言い、それが試合での安定感のなさに直結。それでも「60mは見えています」ときっぱり言えるほど自信はついてきた。同学年の武本紗栄(佐賀スポ協)がオレゴン世界選手権のファイナルに進出しただけに、「悔しかったです。来年、再来年は自分が必ず出ます」。 復活よりも進化を遂げようとする大器が、活況の女子やり投で再び輝きを放つ日は遠くない。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top