HOME 海外

2022.08.11

女子1500mキピエゴンが世界歴代2位の3分50秒37でV フレイザー・プライスは10秒62/DLモナコ
女子1500mキピエゴンが世界歴代2位の3分50秒37でV フレイザー・プライスは10秒62/DLモナコ


8月10日、ダイヤモンドリーグ(DL)の第10戦モナコ大会が当地で開催され、女子1500mでオレゴン世界選手権金メダルのF.キピエゴン(ケニア)が3分50秒37の世界歴代2位で優勝した。

 2015年のこの大会でG.ディババ(エチオピア)が出した世界記録(3分50秒07)の更新を目指したキピエゴンは、400mを1分00秒、800mを2分01秒で通過。ペースメーカーが外れた後もペースは鈍らず、フィニッシュラインを駆け抜けたが、世界記録まではあと0.30秒及ばなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

女子100mでは世界女王のS-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)が今季世界最高、大会新の10秒62(+0.4)で制した。今季6回目の10秒6台で、女子選手が1シーズンに10秒7以内を6度マークしたのは史上初めて。2位はオレゴン世界選手権200m金のS.ジャクソン(ジャマイカ)で10秒71の自己新。M-J.タルー(コートジボワール)が10秒72のアフリカ新で3位に続いた。

男子3000mはT.ディクムウェナヨ(ブルンジ)が7分25秒93の今季世界最高、DL新記録で勝利した。2位はB.アレガウェイ(エチオピア)で7分26秒81の自己新、3位のG.フィッシャー(米国)は7分28秒48で北米記録を樹立した。

男子1000mはオレゴン世界選手権1500m金メダルのJ.ワイトマン(英国)が2分13秒88の今季世界最高で大会新V。男子200mはオレゴン世界選手権金のN.ライルズ(米国)が19秒46(+0.8)の大会新で制した。

女子やり投はオレゴン世界選手権金のK-L.バーバー(豪州)が64m50で優勝。北口榛花(JAL)が62m37で2位に続き、DLパリ、シレジアでの優勝に続いて上位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます
8月10日、ダイヤモンドリーグ(DL)の第10戦モナコ大会が当地で開催され、女子1500mでオレゴン世界選手権金メダルのF.キピエゴン(ケニア)が3分50秒37の世界歴代2位で優勝した。  2015年のこの大会でG.ディババ(エチオピア)が出した世界記録(3分50秒07)の更新を目指したキピエゴンは、400mを1分00秒、800mを2分01秒で通過。ペースメーカーが外れた後もペースは鈍らず、フィニッシュラインを駆け抜けたが、世界記録まではあと0.30秒及ばなかった。 女子100mでは世界女王のS-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)が今季世界最高、大会新の10秒62(+0.4)で制した。今季6回目の10秒6台で、女子選手が1シーズンに10秒7以内を6度マークしたのは史上初めて。2位はオレゴン世界選手権200m金のS.ジャクソン(ジャマイカ)で10秒71の自己新。M-J.タルー(コートジボワール)が10秒72のアフリカ新で3位に続いた。 男子3000mはT.ディクムウェナヨ(ブルンジ)が7分25秒93の今季世界最高、DL新記録で勝利した。2位はB.アレガウェイ(エチオピア)で7分26秒81の自己新、3位のG.フィッシャー(米国)は7分28秒48で北米記録を樹立した。 男子1000mはオレゴン世界選手権1500m金メダルのJ.ワイトマン(英国)が2分13秒88の今季世界最高で大会新V。男子200mはオレゴン世界選手権金のN.ライルズ(米国)が19秒46(+0.8)の大会新で制した。 女子やり投はオレゴン世界選手権金のK-L.バーバー(豪州)が64m50で優勝。北口榛花(JAL)が62m37で2位に続き、DLパリ、シレジアでの優勝に続いて上位に入った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top