月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子100mHの青木益未が予選13秒12で準決勝進出 2台目でバランス崩すも持ち直してプラス通過/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のモーニングセッションに行われた女子100mハードル予選。最終6組に登場した日本記録(12秒86)保持者の青木益未(七十七銀行)は13秒12(-0.4)で5着。着順では決められなかったが、プラス通過で準決勝進出を決めた。

初の世界選手権となった青木。前日の4×100mリレー予選(1走)に続いてのレースとなった。2台目あたりでバランスを崩したものの、その後は持ち直してフィニッシュラインへ。5組を走った福部真子(日本建設工業)に続いて予選を通過した。

28歳の青木は岡山・創志学園高時代にインターハイ100mで1年生優勝。高3時から本格的にハードルを取り組み、環太平洋大を経て、実業団2年目の2018年の日本選手権を制している。昨年6月に12秒87の日本タイ記録をマークし、東京五輪に出場。今年4月の北陸実業団選手権で日本記録を0.01秒更新した。

準決勝は日本時間25日の9時05分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com