月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

2度目のセミファイナルに挑んだ400mウォルシュ・ジュリアン「まだまだ甘かった」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた男子400m準決勝。1組目にウォルシュ・ジュリアン(富士通)が出場し、45秒75の6着で敗退が決まった。

最もカーブのきつい1レーンに入ったウォルシュは世界大会初の決勝進出を目指し、前半から積極的に飛ばした。最終コーナーまでは4番手付近で推移したものの、最後の直線で失速。初の決勝進出とはならなかった。

「300mまでは調子よく走れましたが、まだまだ甘かった」と後半の走りに課題を残したウォルシュ。前回のドーハ大会予選では45秒14の自己新を出して組2着に入ると、準決勝ではさらに0.01秒更新する45秒13(日本歴代4位)をマークしていた。

今大会でも予選1組を4着(45秒90)で通過し、準決勝でタイムを短縮。「調子の上げ方はわかってきたので、これからも日本記録を目指してがんばりたい」と、さらなる高みを見据えていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com