月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400m佐藤風雅 準決勝で45秒71の5着 ラストまで粘り見せる!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた男子400m準決勝。2組目に入った佐藤風雅(那須環境技術センター)は、45秒71をマークして5着に入った。

前半から海外勢が飛ばしていく中で、佐藤も懸命に前を追っていく。中盤からは6番手争いを繰り広げていたが、ラストのコーナーに入ると粘りを見せて5着でフィニッシュ。決勝進出とはならなかったが、初の世界大会で準決勝進出と爪痕を残した。

今季は自己ベストの45秒40を2度マークし、日本選手権も制していた佐藤。予選はタイムで拾われるプラスの2番目(45秒88)に入り、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)とともに準決勝進出。日本勢がこの種目で複数人が準決勝進出を果たすのは大会史上初だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com