HOME 国内、世界陸上、日本代表
400m佐藤風雅 準決勝で45秒71の5着 ラストまで粘り見せる!/世界陸上
400m佐藤風雅 準決勝で45秒71の5着 ラストまで粘り見せる!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた男子400m準決勝。2組目に入った佐藤風雅(那須環境技術センター)は、45秒71をマークして5着に入った。

前半から海外勢が飛ばしていく中で、佐藤も懸命に前を追っていく。中盤からは6番手争いを繰り広げていたが、ラストのコーナーに入ると粘りを見せて5着でフィニッシュ。決勝進出とはならなかったが、初の世界大会で準決勝進出と爪痕を残した。

今季は自己ベストの45秒40を2度マークし、日本選手権も制していた佐藤。予選はタイムで拾われるプラスの2番目(45秒88)に入り、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)とともに準決勝進出。日本勢がこの種目で複数人が準決勝進出を果たすのは大会史上初だった。

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目 オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた男子400m準決勝。2組目に入った佐藤風雅(那須環境技術センター)は、45秒71をマークして5着に入った。 前半から海外勢が飛ばしていく中で、佐藤も懸命に前を追っていく。中盤からは6番手争いを繰り広げていたが、ラストのコーナーに入ると粘りを見せて5着でフィニッシュ。決勝進出とはならなかったが、初の世界大会で準決勝進出と爪痕を残した。 今季は自己ベストの45秒40を2度マークし、日本選手権も制していた佐藤。予選はタイムで拾われるプラスの2番目(45秒88)に入り、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)とともに準決勝進出。日本勢がこの種目で複数人が準決勝進出を果たすのは大会史上初だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top