月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子マラソンのチェロノと男子400mのロスがドーピング違反で暫定資格停止処分!オレゴン世界陸上直前に決定

AIU(アスリート・インテグリティ・ユニット)は7月17日、男子マラソンのL.チェロノ(ケニア)と男子400mのR.ロス(米国)のドーピング違反による暫定資格停止処分を発表した。2人は現在開催中のオレゴン世界選手権にエントリーしていたが、この決定により同大会には出場できない。400m(予選)、マラソンともに現地17日にすでに実施された。

チェロノは2022年5月23日の競技外検査のサンプルから禁止物質である代謝調節剤のトリメタジジンが検出されていた。違反が疑われる分析報告がWADAからAIUに7月13日に提出され、7月14日本人に通知が行われた。即時に資格停止の暫定処分が決定され、世界選手権にも出場は不可となった。当件についてはAIUが世界アンチ・ドーピング機構(WADA)から受け取る分析報告が遅れており、AIUはWADAに対する申し立てを行っていることを発表している。

ロスは6月18日に居場所情報関連義務違反があり、7月14日に面会が行われた。こちらも資格停止の暫定処分が即時決定した。

チェロノは昨年の東京五輪男子マラソン4位。ロスは東京五輪で男子400mに出場、同4×400mリレーでは米国チームの一員として金メダルを獲得していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com