月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400m佐藤風雅 初の世界大会で準決勝進出!45秒88でプラス通過「日本人2人目のファイナリストになりたい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子400m予選。5組に入った佐藤風雅(那須環境技術センター)が初の世界大会で好走した。

「今年は前半が良かった」というように世界の舞台でも序盤から攻めて、「海外の選手と同じくらいでいけた」と200mを2位争いで通過していく。だが、後半はスピードを持続できずにやや後退。それでも最後まで粘り切って45秒88で4着を死守した。

着順での通過とはならなかったが、プラスで拾われる6名の2番目に入ってラウンド突破。「最低限の走りで準決勝へ進めて良かったです」と安心した様子だった。

今季は4月から好調ぶりを見せて、45秒40の自己ベストをマークしていた佐藤。それだけに「予選から全開で44秒台を狙っていましたが、タイムも今シーズンで1番悪くてふるわなかった」とやや不満も残す。海外勢に離されてしまったラストも「出し切るだけで精一杯になってしまった」と振り返った。

準決勝に向けては「もっと全開にして、日本人2人目のファイナリストになりたいです」と、1991年東京大会の高野進以来となる快挙へ、意気込みを語った。

準決勝は日本時間で21日の11時15分に行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com