月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH 黒川和樹 50秒02で準決勝進出!序盤から攻めたレース披露「前半はスムーズにいけた」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子400mハードル予選。1組に入った黒川和樹(法大)が、前半から攻めたレースを見せた。

前半のスピードが持ち味である黒川。それを世界の舞台でも披露して、グングンとスピードを上げていく。だが、隣のレーンの19年ドーハ大会、東京五輪銀メダルのライ・ベンジャミン(米国)に「惑わされてピッチをアップしてしまった」と言い、普段は5台目まで13歩で行くところを「4台目から5台目のところで14歩になってしまいました」とリズムに乗れないところもあった。

後半はややスピードが落ちたものの、最後まで粘りを見せてフィニッシュ。50秒02の4着に入って準決勝へ駒進めた。

「前半はスムーズにいけた」と世界にも通用するほどのスピードを評価。さらに「失敗レースでこのタイムならまぁまぁです」と振り返った。

昨年の東京五輪は緊張で力を発揮できずに予選敗退。今回はその悔しさをまずは晴らすことができた。だが、黒川が目指す場所はその先にある。「準決勝で自分の走りをすればいける。決勝にいきたい」と力強く語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com