月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「レジェンド」フェリックスが地元でラストラン!混合マイル銅で世界大会30個目メダル!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッション最終種目の男女混合4×400mリレー決勝。世界選手権最多13個の金メダルを保持する36歳の「レジェンド」アリソン・フェリックスが米国の2走として出場した。

トップでバトンを受けると、バックストレートを快調に突き進む。長い手足を生かした流れるようなフォームは健在。後半にドミニカ共和国の猛追を受けて2番手で3走に渡すかたちとなったが、スタンドを埋めた地元の観衆からの大歓声を背に、「ラストラン」を走り切った。

米国は3走で再びトップに立ったものの、ドミニカ共和国、オランダに続く3分10秒16で銅メダルだった。

世界選手権では05年ヘルシンキ大会の200mを19歳で制し、09年ベルリンまで3連覇。15年北京では400mで頂点に立っている。両リレーでも米国の主軸として活躍し、17年ロンドン大会でウサイン・ボルト(ジャマイカ)が持っていた最多金メダル(11個)に並んだ。

そして、前回のドーハ大会では男女混合4×400mリレーを制して単独最多金メダルを手にし、女子4×400mリレーの予選にも出場して米国の2連覇に貢献している。

五輪でも金メダル7、メダル11を獲得。世界大会で手にした総メダル数は、今大会で「30」となった。17歳だった2003年パリ世界選手権200mで世界デビューして19年、大会前には「信じられないほど長い旅だった」と語っていた。

「多くの浮き沈みがありましたが、私はこのスポーツが大好きです。何度も心を痛めましたが、楽しい瞬間もたくさんありました」

歴史に深く刻まれたスプリンターのキャリアを初開催の地元世界選手権で終えたフェリックス。地元のファンたちは、大きな拍手でその偉業を称えた。

●男女混合4×400mR上位成績
ドミニカ共和国 3分09秒82
オランダ    3分09秒90=自国新
米 国     3分10秒16
ポーランド   3分12秒31
ジャマイカ   3分12秒71
ナイジェリア  3分16秒21
イタリア    3分16秒45
アイルランド  3分16秒86

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com