HOME ニュース、海外

2022.07.16

「レジェンド」フェリックスが地元でラストラン!混合マイル銅で世界大会30個目メダル!/世界陸上
「レジェンド」フェリックスが地元でラストラン!混合マイル銅で世界大会30個目メダル!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッション最終種目の男女混合4×400mリレー決勝。世界選手権最多13個の金メダルを保持する36歳の「レジェンド」アリソン・フェリックスが米国の2走として出場した。

トップでバトンを受けると、バックストレートを快調に突き進む。長い手足を生かした流れるようなフォームは健在。後半にドミニカ共和国の猛追を受けて2番手で3走に渡すかたちとなったが、スタンドを埋めた地元の観衆からの大歓声を背に、「ラストラン」を走り切った。

米国は3走で再びトップに立ったものの、ドミニカ共和国、オランダに続く3分10秒16で銅メダルだった。

世界選手権では05年ヘルシンキ大会の200mを19歳で制し、09年ベルリンまで3連覇。15年北京では400mで頂点に立っている。両リレーでも米国の主軸として活躍し、17年ロンドン大会でウサイン・ボルト(ジャマイカ)が持っていた最多金メダル(11個)に並んだ。

そして、前回のドーハ大会では男女混合4×400mリレーを制して単独最多金メダルを手にし、女子4×400mリレーの予選にも出場して米国の2連覇に貢献している。

五輪でも金メダル7、メダル11を獲得。世界大会で手にした総メダル数は、今大会で「30」となった。17歳だった2003年パリ世界選手権200mで世界デビューして19年、大会前には「信じられないほど長い旅だった」と語っていた。

「多くの浮き沈みがありましたが、私はこのスポーツが大好きです。何度も心を痛めましたが、楽しい瞬間もたくさんありました」

歴史に深く刻まれたスプリンターのキャリアを初開催の地元世界選手権で終えたフェリックス。地元のファンたちは、大きな拍手でその偉業を称えた。

●男女混合4×400mR上位成績
ドミニカ共和国 3分09秒82
オランダ    3分09秒90=自国新
米 国     3分10秒16
ポーランド   3分12秒31
ジャマイカ   3分12秒71
ナイジェリア  3分16秒21
イタリア    3分16秒45
アイルランド  3分16秒86

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目 オレゴン世界陸上初日のイブニングセッション最終種目の男女混合4×400mリレー決勝。世界選手権最多13個の金メダルを保持する36歳の「レジェンド」アリソン・フェリックスが米国の2走として出場した。 トップでバトンを受けると、バックストレートを快調に突き進む。長い手足を生かした流れるようなフォームは健在。後半にドミニカ共和国の猛追を受けて2番手で3走に渡すかたちとなったが、スタンドを埋めた地元の観衆からの大歓声を背に、「ラストラン」を走り切った。 米国は3走で再びトップに立ったものの、ドミニカ共和国、オランダに続く3分10秒16で銅メダルだった。 世界選手権では05年ヘルシンキ大会の200mを19歳で制し、09年ベルリンまで3連覇。15年北京では400mで頂点に立っている。両リレーでも米国の主軸として活躍し、17年ロンドン大会でウサイン・ボルト(ジャマイカ)が持っていた最多金メダル(11個)に並んだ。 そして、前回のドーハ大会では男女混合4×400mリレーを制して単独最多金メダルを手にし、女子4×400mリレーの予選にも出場して米国の2連覇に貢献している。 五輪でも金メダル7、メダル11を獲得。世界大会で手にした総メダル数は、今大会で「30」となった。17歳だった2003年パリ世界選手権200mで世界デビューして19年、大会前には「信じられないほど長い旅だった」と語っていた。 「多くの浮き沈みがありましたが、私はこのスポーツが大好きです。何度も心を痛めましたが、楽しい瞬間もたくさんありました」 歴史に深く刻まれたスプリンターのキャリアを初開催の地元世界選手権で終えたフェリックス。地元のファンたちは、大きな拍手でその偉業を称えた。 ●男女混合4×400mR上位成績 ドミニカ共和国 3分09秒82 オランダ    3分09秒90=自国新 米 国     3分10秒16 ポーランド   3分12秒31 ジャマイカ   3分12秒71 ナイジェリア  3分16秒21 イタリア    3分16秒45 アイルランド  3分16秒86

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top