月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走高跳・真野友博 2m28をクリア 上位12人に入り日本人初の決勝進出!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子走高跳予選。真野友博(九電工)がA組に出場し、2m28をクリアしてこの種目では日本人初の決勝進出を決めた。

2m17を1回目にクリアすると、2m21、2m25は2回目に成功。その後は2m28を一発で跳んで上位12人に入り決勝進出を果たした。これまでの世界陸上日本人最高記録は2015年、19年に戸邉直人(JAL)がマークした2m26だった。

決勝は18日の17時45分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com