HOME 国内、大学

2022.07.13

名古屋ウィメンズ4位の細田あいが1万m31分35秒44 男子は菊地駿弥が初27分台、学生の丹所健や中野翔太も自己新/ホクレンDC網走
名古屋ウィメンズ4位の細田あいが1万m31分35秒44 男子は菊地駿弥が初27分台、学生の丹所健や中野翔太も自己新/ホクレンDC網走


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会

ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦となる網走大会が7月13日、網走市営陸上競技場で行われ、女子10000mでは、3月に行われた名古屋ウィメンズマラソン4位の細田あい(エディオン)が、自己ベストの31分35秒44で日本人トップの2位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

3位には加世田梨花(ダイハツ)が31分41秒29で入り、東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)は32分35秒84で8位だった。優勝は今季世界3位の30分20秒97をマークしたカムル・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ/ケニア)。自己記録を20秒88塗り替えるとともに、DCシリーズ記録も更新した。

男子10000mAでは、2003年2月生まれのギデオン・ロノ(GMOインターネットグループ/ケニア)が今季の世界9位、U20では世界1位となる27分11秒03で優勝。菊地駿弥(中国電力)が自身初の27分台となる27分57秒95で日本人トップの5位に入った。この組の学生トップは自己新の28分01秒24をマークして10位だった丹所健(東京国際大)。また、10000mBでは2着の中野翔太(中大)が自己ベストの28分00秒86をマークした。

男子1500mでは、野口雄大(トーエネック)が3分40秒10で7月9日の北見大会に続く2連勝。男子5000mDは、高校生の安原海晴(滋賀学園高3)が初の13分台となる13分59秒02で駆け抜け、学生・実業団勢を抑えて1着フィニッシュした。

女子3000mAは留学生のカリバ・カロライン(神村学園高2鹿児島)が8分46秒07で優勝。5位には田島愛梨(神村学園高3)が自己新の9分15秒39で入り、7位の多田妃奈(大分東明高3)も9分17秒39の自己ベストをマークした。

広告の下にコンテンツが続きます
◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会 ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦となる網走大会が7月13日、網走市営陸上競技場で行われ、女子10000mでは、3月に行われた名古屋ウィメンズマラソン4位の細田あい(エディオン)が、自己ベストの31分35秒44で日本人トップの2位に入った。 3位には加世田梨花(ダイハツ)が31分41秒29で入り、東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)は32分35秒84で8位だった。優勝は今季世界3位の30分20秒97をマークしたカムル・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ/ケニア)。自己記録を20秒88塗り替えるとともに、DCシリーズ記録も更新した。 男子10000mAでは、2003年2月生まれのギデオン・ロノ(GMOインターネットグループ/ケニア)が今季の世界9位、U20では世界1位となる27分11秒03で優勝。菊地駿弥(中国電力)が自身初の27分台となる27分57秒95で日本人トップの5位に入った。この組の学生トップは自己新の28分01秒24をマークして10位だった丹所健(東京国際大)。また、10000mBでは2着の中野翔太(中大)が自己ベストの28分00秒86をマークした。 男子1500mでは、野口雄大(トーエネック)が3分40秒10で7月9日の北見大会に続く2連勝。男子5000mDは、高校生の安原海晴(滋賀学園高3)が初の13分台となる13分59秒02で駆け抜け、学生・実業団勢を抑えて1着フィニッシュした。 女子3000mAは留学生のカリバ・カロライン(神村学園高2鹿児島)が8分46秒07で優勝。5位には田島愛梨(神村学園高3)が自己新の9分15秒39で入り、7位の多田妃奈(大分東明高3)も9分17秒39の自己ベストをマークした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top