月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

名古屋ウィメンズ4位の細田あいが1万m31分35秒44 男子は菊地駿弥が初27分台、学生の丹所健や中野翔太も自己新/ホクレンDC網走


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会

ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦となる網走大会が7月13日、網走市営陸上競技場で行われ、女子10000mでは、3月に行われた名古屋ウィメンズマラソン4位の細田あい(エディオン)が、自己ベストの31分35秒44で日本人トップの2位に入った。

3位には加世田梨花(ダイハツ)が31分41秒29で入り、東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)は32分35秒84で8位だった。優勝は今季世界3位の30分20秒97をマークしたカムル・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ/ケニア)。自己記録を20秒88塗り替えるとともに、DCシリーズ記録も更新した。

男子10000mAでは、2003年2月生まれのギデオン・ロノ(GMOインターネットグループ/ケニア)が今季の世界9位、U20では世界1位となる27分11秒03で優勝。菊地駿弥(中国電力)が自身初の27分台となる27分57秒95で日本人トップの5位に入った。この組の学生トップは自己新の28分01秒24をマークして10位だった丹所健(東京国際大)。また、10000mBでは2着の中野翔太(中大)が自己ベストの28分00秒86をマークした。

男子1500mでは、野口雄大(トーエネック)が3分40秒10で7月9日の北見大会に続く2連勝。男子5000mDは、高校生の安原海晴(滋賀学園高3)が初の13分台となる13分59秒02で駆け抜け、学生・実業団勢を抑えて1着フィニッシュした。

女子3000mAは留学生のカリバ・カロライン(神村学園高2鹿児島)が8分46秒07で優勝。5位には田島愛梨(神村学園高3)が自己新の9分15秒39で入り、7位の多田妃奈(大分東明高3)も9分17秒39の自己ベストをマークした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com