月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

来年の名古屋ウィメンズマラソンは3月12日開催 オンライン含め2万2000人の定員で実施


名古屋ウィメンズマラソンの実行委員会は、名古屋ウィメンズマラソン、名古屋シティマラソン、名古屋ウィメンズホイールチェアマラソンの2023年大会概要を発表した。

12回目を数える来年の大会は3月12日に開催予定。名古屋ウィメンズの一般抽選は3500人が定員となっているほか、チャレンジ枠5000人、チャリティー枠3000人、ハートサポート枠(医療従事者、もしくは2019年3月12日以降に救命講習を受講した人が対象)1000人など、オンライン枠を含め2万2000人の参加定員が設けられた。また、エリートの部はJMCシリーズや2023年ブダペスト世界選手権の選考会となる予定。

今年の名古屋ウィメンズマラソンでは、ルース・チェプンゲティチ(ケニア)が女子単独レース世界歴代2位の2時間17分18秒(大会新)で優勝。安藤友香(ワコール)が2時間22分22秒で日本人トップの3位に入ったほか、鈴木優花(大東大)が2時間25分02秒の学生新をマークするなど、ハイレベルなレースとなった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com