月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

兒玉芽生&青木益未が前日会見 高速トラックに好記録狙う/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」2日目に行われる女子100mに出場する兒玉芽生(ミズノ)と、同100mハードルに出場する青木益未(七十七銀行)が前日会見に臨んだ。

日本選手権200m優勝で、100mで11秒35(日本歴代3位)を持つ兒玉。前日練習を終え、「初めての競技場。走りやすかったです。日本記録も出ているトラックなので楽しみです」を話す。日本選手権を踏まえ、「加速局面を意識したい。日本選手権では短かったので長くなるように」と明日のポイントを挙げる。

追い風と高速トラックによって体感したことのないスピードを得られる可能性もあり、「その中で走りのタイミングが遅れないように頭を使っていきたい」と兒玉。目指すは「自己ベスト更新」だ。

日本記録保持者の青木は、オレゴン世界選手権の参加標準記録12秒84がターゲットになる。岡山出身、そして昨年はこの場所で日本記録(当時)を樹立しているだけに「中国地方出身。記録が出る競技場というのはわかっています」。日本選手権以降も少し休養を挟んで順調に調整できたようで、「予選から記録を狙っていきたい。標準記録と言わず12秒8近くまで」と意気込みを語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com