月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ハンマー投・日渡陸斗 59m91で地元V! 全国上位を見据えて「60mは投げたかった」/IH北関東


◇インターハイ北関東大会(6月17日~20日/栃木県宇都宮市)

8月に行われるインターハイ出場を懸けた北関東大会の3日目。男子ハンマー投は地元・栃木の日渡陸斗(真岡3)が59m91の好記録で優勝した。

1投目から58m05を投げてトップに立つと、2投目は55m39、3投目はファウルだった。4投目は「リリースの瞬間に踏ん張ることができました」と優勝記録を放った。5投目は58m13をマーク。6投目には59m17と記録を伸ばすことはできなかったが、再び59m台にのせて安定した投げを見せた。

「練習でいい動きができていなかった」と不安もあったが、「優勝して全国を決められてよかったです」と安心した様子の日渡。それでも「自己ベストは最低限よかったですが、60mは投げたかったです」と記録にはまだ満足していないようだった。

「周りより上半身の力が強い」ことが持ち味ではあるが、「力に頼って投げてしまう」のが課題だという。「脚を使って回すことができていないので技術面を良くしていきたいです」とインターハイまでに改善していくつもりだ。

「60mは投げないと全国で戦えない」と日渡。「63、64mを投げて最低限入賞はしたいです」と全国上位を目指していく気合は十分だった。

その他では男子200mは富樫竜輝(武南3埼玉)が21秒47(−0.3)で100mと2冠を達成。同5000m競歩は岩城考雲(太田原3栃木)が23分06秒63で制した。女子800mは長島結衣(真岡女2栃木)が2分11秒05でV。同走幅跳は橋本結空(国際学院3埼玉)が5m87(+0.7)で優勝した。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。

◇北関東大会3日目の優勝者一覧
男子
200m 富樫竜輝(武南3埼玉)21秒47(−0.3)
800m 小瀬堅大(川口市立3埼玉)1分53秒22
5000m競歩 岩城考雲(大田原3栃木)23分06秒63
走高跳 松田永遠(佐野日大3栃木)1m98
ハンマー投 日渡陸斗(真岡3栃木)59m91
やり投 島田湧大(波崎柳川3茨城)58m97

女子
200m 吉永葉月(豊岡3埼玉)24秒77(+0.4)
800m 長島結衣(真岡女2栃木)2分11秒05
走幅跳 橋本結空(国際学院3埼玉)5m87(+0.7)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com