月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三段跳・内山咲良が区切りの4位 競技生活は「宝物」東大理Ⅲ卒、今後は研修医に集中/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目。超ハイレベルな争いが繰り広げられた女子三段跳で、表彰台まであと一歩の4位に内山咲良(ブルーゾーン)が入った。

「自己ベストが出せなくて悔しさもありますが、今の自分の最高は出せたと思います」。いつも通り、淡々と、静かに、でもどこか達成感と寂しさをにじませていた。

日本最難関の東大理Ⅲ、医学部に現役合格し、この春に卒業した内山。昨年は東大女子史上初となる日本インカレを制した。本来であれば大学で競技を引退する予定だったが、昨年の日本選手権の悔しさから、今年の日本選手権まで競技を続けることを決意。春から静岡で研修医として任務を全うしながら、退勤後に坂道ダッシュやウエイトトレーニングなどに励み、土日に競技場で練習を続けた。

この日本選手権が「ひと区切り」。1回目に12m96(+0.5)を跳んで4位。13m勝負に加われなかった悔しさはあるが、「4位は日本選手権での過去最高順位」と納得した部分もある。

今後はしばらく練習を控え仕事に集中。その中でまたやりたくなった時にどういう感情になるか。だが、これまでのようにはいかないこともわかっている。

「最初から強い選手ではなかったですが、日本選手権のような大きな大会に出られた。自分に負けないようにと思って、壁を乗り越えられました」

将来は自らの経験を生かして女性アスリートを支援できるような産婦人科医を目指している内山。インカレに出たくて走幅跳から転向した三段跳で、長い陸上の歴史にしっかり刻まれた『内山咲良』というジャンパーは、「宝物」だという競技生活を胸に刻み、次のステージへとステップした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com