月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

連覇狙う泉谷駿介か、標準突破の村竹ラシッドか、いずれも3位以内で世界陸上内定 110mH頂上決戦/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権、男子110mハードル決勝が最終日の12日に行われる。

前日に行われた予選、準決勝では好記録が連発した。予選1組に入った村竹ラシッド(順大)が、「狙っていなかったですが、スピードに乗った」と13秒27(+0.5)をマーク。オレゴン世界選手権の参加標準記録13秒32を突破した。

大学の後輩でもある村竹の快走に刺激を受けたのが前回王者で日本記録(13秒06)保持者の泉谷駿介(住友電工)。3月の日本選手権・室内(60mハードル)で足首を痛めた泉谷は、4月の織田記念予選を走って以降、実戦から遠ざかった。

「織田記念のあとは少し休んで、5月に入ってから練習を再開した」と泉谷。予選で13秒40(-0.2)をマークすると、準決勝では13秒29(-0.2)と圧巻の走りを披露した。大会前時点で参加標準記録を突破していたが、ここでもしっかり突破。スピードがついた分「前半の勢いをどう押さえるか」が課題だが、連覇へ向けて仕上げてきた。

村竹は昨年も同じように予選で参加標準記録を突破した状態で決勝に進んだものの、五輪が懸かったファイナルで不正スタートにより失格。悔しさを味わっただけに「この日のためにやってきた」と強い思いを持つ。

決勝は泉谷と村竹が優勝争いとなりそうで、いずれも3位以内に入れば代表に内定。準決勝で好走した石川周平(富士通)や東京五輪代表の高山峻野(ゼンリン)、藤井亮汰(三重県スポ協)らが上位争いになりそう。3人目の標準突破は現れるか。

運命の決勝は大会最終日の12日、16時50分に号砲が鳴る。

■男子110mH決勝のスタートリスト
2高山 峻野(ゼンリン)
3横地 大雅(法大)
4石川 周平(富士通)
5泉谷 駿介(住友電工)
6髙橋 佑輔(北海道ハイテクAC)
7村竹 ラシッド(順大)
8石田 トーマス東(勝浦ゴルフ倶楽部)
9藤井 亮汰(三重県スポ協)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com