月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三浦龍司 8分14秒47で男子3000mSC連覇!初の世界陸上代表内定! 2位青木も内定/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた男子3000m障害で、三浦龍司(順大)が8分14秒47で2連覇を達成し、初の世界選手権代表に即時内定した。

三浦は今季、この種目では5月8日のセイコーゴールデングランプリ(8分22秒25で優勝)以来となる2戦目だったが、1500mで日本歴代2位の3分36秒69をマークするなど、7位入賞を果たした東京五輪からさらにスケールアップ。メダルを目指すオレゴン世界選手権に向けて、確かな一歩を踏み出した。

また2位の青木涼真(Honda)も自己新の8分20秒09で標準記録を突破し、代表に内定した。

●PROFILE
2002年2月11日生まれ。島根県浜田市出身。島根・浜田東中→京都・洛南高→順大。
小1から地元のクラブ浜田JASに通い始め、80mハードル含めいろいろな種目に挑戦。中学時代はジュニア五輪や全中に出場した。高校から3000m障害を始め、3年時には30年ぶりに高校記録を更新すると、8分39秒37まで短縮。順大1年目には41年ぶりの日本学生新、37年ぶりのU20日本新となる8分19秒37を叩き出した。昨年は5月のREADY STEADY TOKYOで8分17秒46と18年ぶり日本新、日本選手権では転倒しながら8分15秒99と更新して優勝、五輪代表に内定。東京五輪では予選で8分09分92秒とまたも日本新で決勝に進むと7位入賞を果たした。その他の自己ベストは1500m3分36秒69、5000m13分26秒78、ハーフマラソン1時間1分41秒(U20日本最高)。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com