月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が1500m連覇で世界陸上内定!「身を入れて練習できる」800m、5000mも出場/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の2日目に女子1500m決勝が行われ、田中希実(豊田自動織機)が4分11秒83で連覇を達成。オレゴン世界選手権の代表に内定した。

田中は序盤こそ中段に位置して様子をうかがっていたが、「思ったよりみんなが競り合っていかなかった」と、予想より早く前に出ることに。それでも「プラン通り決めていたところでスパートを出せて勝てました」と、残り1周を前に徐々に上げて、鐘を合図に一気にペースを上げた。

これで東京五輪に続いて世界選手権の代表に内定。「しっかり3位以内に入れたので、ここから身を入れて世界選手権に向けて練習します」。田中は800mと5000mにエントリーしており、出場する意向を示している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com