月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ノヴィツキが今季世界最高の81m58で男子ハンマー投を制す 女子も五輪金のヴォダルチクがV/WAコンチネンタルツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

6月5日、ホジュフ(ポーランド)で世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールドの競技会が開催され、男子ハンマー投では東京五輪金メダルのW.ノヴィツキ(ポーランド)が今季世界最高の81m58で優勝した。東京五輪5位のQ.ビゴ(フランス)が80m55の自己新で2位に続き、世界選手権4連覇(13~19年)のP.ファイデク(ポーランド)は79m62で3位だった。

女子ハンマー投は世界記録保持者で五輪3連覇(ロンドン、リオ、東京)のA.ヴォダルチク(ポーランド)が75m76で快勝。女子100mハードルでは東京五輪金メダルのJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が12秒43(-1.4)で制した。

男子棒高跳はC.ニルセン(米国)が5m92でV。ニルセンは5月に6m00をマークし、今季の屋外世界リストトップに立っている。男子砲丸投では17年ロンドン世界選手権金メダリストのT.ウォルシュ(ニュージーランド)が22m31で勝利した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com