月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ドーハ世界選手権マラソン代表のGMO山岸宏貴が引退 東大で箱根出場の近藤秀一も引退


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
GMOインターネットグループは4月30日付で山岸宏貴と近藤秀一が引退したことを発表した。

山岸は新潟県出身の30歳。上武大時代には13年ユニバーシアードのハーフマラソンで4位入賞を果たしている。大学卒業後は日立物流を、16年4月にGMOインターネットグループの創部とともに加入。18年の福岡国際マラソンで6位に入ると、翌年のドーハ世界選手権の日本代表に選ばれ、日本人最上位の25位でフィニッシュした。山岸は「チーム発足から6年、最高の環境で活動を続けることができました。熊谷代表、安田副社長はじめ、監督、現場スタッフ、そしてGMOインターネットグループのパートナーの皆様には本当に感謝してます」とコメントした。今後は社業に専念するという。

近藤は静岡県出身の26歳。韮山高から一浪を経て、東大に入学。4年生の時だった19年には関東学生連合のメンバーとして箱根駅伝の1区に出走した。東大大学院への進学とともにチームに加入し、研究を続けながら競技との両立を続け、20年にはトラックレースなどで自己新記録を連発。同年の東日本実業団駅伝では1区で区間2位と流れを作り、チームの総合2位に大きく貢献した。翌21年の全日本実業団駅伝でも6区区間5位と好走していたが、「抱えていた故障が慢性化してしまい、自分自身が実業団選手として立てた目標を達成するのが難しいと判断した」と引退を決意した。

山岸宏貴コメント全文
「2022年4月を持ちまして、競技を引退しましたことを報告させていただきます。

チーム発足から6年、最高の環境で活動を続けることができました。

熊谷代表、安田副社長はじめ、監督、現場スタッフ、そしてGMOインターネットグループのパートナーの皆様には本当に感謝してます。

また応援してくださった皆様、もう少し走ってる姿をお届けしたかったのですが、今までたくさんの応援ありがとうございました。

これからもチームの応援をよろしくお願いします」

近藤秀一コメント全文
「この度、チームを退部することになりました。

昨年度から抱えていた故障が慢性化してしまい、自分自身が実業団選手として立てた目標を達成するのが難しいと判断したからです。

それでも、GMOに入って大きく記録を伸ばせたことや、視座の高い仲間たちとNo.1を目指して競技に打ち込めたことは誇りに思っています。

また、私をチームに引き入れてくださった花田さんと安田部長をはじめ、競い合い励まし合ってきたチームメイト・スタッフ、私たちの競技活動を支えてくださっているGMOのパートナーの皆様、そして、常に温かく見守ってくださったファンの皆様には大変感謝しております。

チームは新体制となり、これからもNo.1を目指していきます。今後とも、GMOインターネットグループの応援よろしくお願いいたします」

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com