月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH13、17年世界陸上代表の紫村仁美が日本人トップ!米国で練習、棒高跳の笹瀬弘樹と結婚も明かす/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念の2日目、女子100mハードルは紫村仁美(静岡陸協)が13秒23(-0.6)で日本人トップの2位に入った。

東京五輪に出場できなかったあと、「パリ五輪を目指す上でどうしようかと考えたときに、アメリカにずっと行きたかった」と、かねてからアドバイスを受けていた米国のローレンス・ジョンソンコーチの指導を受けるために1月から3月まで米国へ渡った。

米国では400mハードルのダリ・ムハンマドらトップハードラーがいるクラブチームで練習し、「自分が一番足が遅い」場所で再スタートを切った紫村。ハードリングでは「上体をダウン(下げる)」と何度も指摘され、「感覚がすごく良くなった」と言う。

現在は静岡を拠点に、「リタジャパン」「SSB」というスポンサーから支援を受けて活動。結婚相手を聞くと、棒高跳の元中学記録保持者で現在も現役を続ける笹瀬弘樹と結婚していたことを明かした。早大時代の先輩・後輩で「10年くらいお付き合いしていました」と紫村。織田記念、木南記念と連戦も付き添ったが、「特にSNSでは発表していないんです」(笹瀬)

力強いパートナーとともに再び世界を目指す紫村。「アメリカで世界選手権があるので、12秒84(参加標準記録)しか考えていません。帰国して1ヵ月なので、これから上げていきます」と力強く語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com