月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子三段跳・森本麻里子が日本歴代3位の13m56!「14m、日本記録も見えてくる」/織田記念


◇織田記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム)

アジア大会選考会を兼ねた日本グランプリシリーズ広島大会の「第56回織田記念」が行われ、女子三段跳で森本麻里子(内田建設AC)が4回目に13m56(+1.2)を跳んで優勝した。この記録は日本歴代3位にランクインする。

雨天の中だったが追い風基調の中で行われ、森本は1回目に13m25(+1.2)をマーク。2回目13m10(+2.5)、3回目13m03(+2.1)と安定した跳躍を見せると、4回目にビッグジャンプが誕生した。5回目はファウルも、6回目のほうが4回目より感覚も良かったようで「ほんのわずかなファウルで13m60くらい跳べていた」という。6回目に2位の高島真織子(九電工)が日本歴代9位となる13m35(+0.8)の自己新を跳んだが届かなかった。

今年3月の日本選手権室内では13m31を跳び、花岡麻帆が1999年に作った室内日本記録13m27を23年ぶりに更新していた森本。「室内で技術と助走がかみ合っていなかったのでそこを意識しました。今日は助走のキレがあって、踏み切りに向けてスパッと入れて、うまくホップにいけました」と4回目の試技を振り返る。

森本は大阪・太成学院高時代にはインターハイ走幅跳で2位など活躍。三段跳は日女体大進学後に始めた。2019年には冬季五輪を目指してボブスレーにも挑戦してドイツへ。その際に知り合った陸上のドイツ人コーチに練習メニューを出してもらい、日大の森長正樹コーチにもアドバイスをもらいながらトレーニングしている。

室内で日本記録を出し、屋外でも“13m後半”に突入。「少し花岡さんに近づけたと思います」と話し、「うまく挟み込みができれば13m後半も跳べる感覚があります。ベストを更新していけば14m、日本記録も見える」。日本人2人目の快挙へ、さらに勢いを増していきそうだ。

■女子三段跳日本歴代10傑
14.04 1.1 花岡麻帆 99年
13.65 0.3 河合栞奈 19年
13.56 1.2 森本麻里子 22年
13.52 0.7 宮坂 楓 16年
13.50 0.4 吉田文代 03年
13.42 1.8 剱持早紀 19年
13.40 1.3 西内誠子 98年
13.39 -0.8 佐藤友香 04年
13.34 -0.6 桝見咲智子 12年
13.31 1.4 阿部祥子 19年

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com