月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

セイコーゴールデンGP男子800m、女子走幅跳の追加エントリー選手発表! 源裕貴、川元奨のW日本記録保持者が出場


5月8日に東京・国立競技場で開催されるセイコーゴールデングランプリの男子800m、女子走幅跳の追加選手が発表された。

男子800mでは16年リオ五輪代表で1分45秒75の日本記録を持つ川元奨(スズキ)、昨年7月に川元の記録に並ぶタイムをマークした源裕貴(NTN)がそろってエントリー。2020年に国立競技場で行われたセイコーゴールデングランプリを制した金子魅玖人(中大)も登録された。同種目には昨年の全米学生チャンピオンで、東京五輪にも出場したI.ジュウィット(米国)、1分44秒73のベストを持つG.リアモンス(英国)の出場が決まっており、強力な海外勢を相手に、日本勢が日本記録の更新、オレゴン世界選手権の参加標準記録(1分45秒20)の突破を目指す。

女子走幅跳はすでに出場が発表されていたJ.トーマス(英国)、秦澄美鈴(シバタ工業)に加え、髙良彩花(筑波大)、嶺村優(オリコ)、小玉葵水(東海大北海道)の3名が追加登録された。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com