月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

3000m障害東京五輪代表・青木涼真が米国で8分26秒19世界陸上標準まであと約4秒


男子3000m障害で東京五輪代表の青木涼真(Honda)が米国・オレゴンリレーに出場。8分26秒19で4着だった。

青木は今季米国でシーズンイン。4月1日のスタンフォード招待で1500mに出場して3分41秒08をマーク。14日のマントサックリレーでは3000m障害に出場し、8分33秒33で16年リオ五輪銀メダリストのE.ジャガー(米国)らを抑えてトップだった。

オレゴン世界選手権の参加標準記録は8分22秒00。青木の自己記録は日本歴代5位の8分20秒70で上回っているが有効期間外に出したもの。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com