月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

松本純弥が男子800mV!「優勝することだけを考えた」中大・金子魅玖人との競り合い制す/学生個人


◇日本学生個人選手権(4月15~17日/神奈川・平塚)3日目

ワールドユニバーシティゲームズの選考会を兼ねた日本学生個人選手権。大会3日目に行われた男子800m決勝で、松本純弥(法大)が1分49秒95をマークして優勝した。

「ラストに向けて前半しっかりためた」と言うように、スタートから集団の1番後ろにつき、レースの動きを冷静に見ていた松本。400mの先頭の通過タイムは56秒でややスローペースだった。

ラスト1周で一気にペースを上げると、残り200m付近で先頭まで追い上げた松本。同じく後ろでレースを展開していた金子魅玖人(中大)も徐々に上がってくると、ラスト100mは松本駿(関西大)、石元潤樹(日大)、薄田健太郎(筑波大)の5名で混戦に。最後は松本が競り勝った。

「ワールドユニバーシティゲームズに出場するため、優勝することだけを考えてレースに臨んだ」と松本。当初のレースプランでは「400mから引っ張ろう」と考えていたが、ラストまで気の抜けないレースとなった。
前半のスローペースもあり、「記録は出ない」と予想。その時点で「勝負に徹することに決めた」と、とにかく“勝ち”にこだわった。

松本は4月9日に行われた東京六大学で、400mに出場して47秒87をマーク。課題であった「スプリントの強化」も着実に改善されつつある。今季は「日本選手権に標準をおいて、アジア大会や世界選手権にも出場したい」と世界への挑戦も視野に入れている。

1分50秒08で2着に入った金子。「予選で引っ張って、後半でかわされたので、決勝はそこを修正」して臨んだ決勝では、「残り1周でペースを上げよう」と考えるも、他の選手も同じタイミングで勝負に出たことで、「そこでつまってしまって前に出られなかった」。
優勝した松本を「ラストのスピードがあることはわかっていた」とライバルとして意識しており、「ラストのスピード」が今後の課題だと言う。

「静岡国際でアジア大会の代表獲得、セイコーゴールデングランプリで世界陸上の標準(1分45秒20)切り」を今季の目標に掲げている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com