月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

新日本住設グループが来年度から女子駅伝部をスタート 元砲丸投日本記録保持者の山田壮太郎氏がGMに就任

男子砲丸投元日本記録保持者の山田壮太郎氏が自身のSNSで、新日本住設グループ女子駅伝チームのゼネラルマネージャーに就任したことを表明した。

現在36歳の山田氏は法大時代の2009年の日本選手権男子砲丸投で優勝。同年10月の新潟国体では18m78の日本記録を樹立し、アジア選手権にも出場した。現役引退後はパーソナルトレーナーとして活動している。

新日本住設グループは兵庫県に本社を置き、太陽光パネルの設置や住宅設備機器の販売などを手がけている建設企業。スポーツ支援にも力を入れており、東京パラリンピック女子走幅跳(義足T63)5位の前川楓や、18年日本選手権男子走幅跳5位の遠藤泰司が所属しているほか、パラアスリートの山本篤が所属契約を結んでいる。山田氏によると、女子駅伝チームは来年度から活動をスタートさせるという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com