月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子60mH準決勝で野本周成が7秒57の自己新!!抽選で敗れて決勝進出ならず/世界室内


◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

世界室内選手権の最終日午後セッション、男子60mハードル準決勝1組に野本周成(愛媛陸協)が出場し、7秒57の自己新で3着に食い込んだ。

3組2着+2の決勝進出条件で決勝進出の可能性を残すと、3組で3着だったデヴィッド・キング(英国)が7秒57の同タイム。1000分の1秒までの計測でも7秒565で並んだ。8レーンしかないため、ファイナルの残る1枠を懸けた争いは2人のアスリートビブスを引く抽選で決定され、審判が引いたのは「KING」。野本は惜しくも日本人初の決勝進出を逃した。

それでも、1週間前の日本選手権室内を制した時に出した自己ベストを0.01秒短縮するなど、大舞台で実力を発揮。早大を卒業して社会人4年目だった昨年は日本選手権で4位に食い込んでおり、室内での躍進をステップに、2022年は活況の男子スプリントハードルで旋風を巻き起こしそうだ。

準決勝2組ではグラント・ホロウェイ(米国)が自身が昨年2月に樹立した室内世界記録に並ぶ7秒29をたたき出した。決勝での新記録なるかに注目が集まる。決勝は日本時間の3時25分に行われる予定だ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com