月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実1500mで29年ぶり室内日本新 積極レースも決勝にあと一歩/世界室内


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

◇世界室内選手権(3月18日~20日/セルビア・ベオグラード)

2年に1度行われる世界室内選手権の初日、女子1500m予選に田中希実(豊田自動織機TC)が出場。4分12秒31で組6着となり、決勝進出は逃したが、室内日本記録を更新した。従来の記録は市川良子が1993年にマークした4分19秒61。

東京五輪8位入賞で、この種目日本記録保持者(3分59秒19)を持つ田中。序盤から積極的なレースを展開し、400mを66秒58のトップで通過する。だが、徐々にペースが上がり最後は6着フィニッシュとなり、決勝進出の各組3着に入れず。記録で拾われるプラス3人まではあと2人の、予選全体14位だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com