月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

オレゴン世界陸上入賞+参加標準突破で来年ブダペスト世界陸上内定 オレゴン優勝報奨金は減額し300万円

日本陸連の理事会が3月14日に行われ、来年のブダペスト世界選手権における日本代表編成方針と内定条件について承認を得て発表された。

トラック&フィールドについては今夏のオレゴン世界選手権で8位入賞を果たした中で日本人最上位、競歩は同大会で3位以内の日本人最上位で、23年度に参加標準記録を突破した段階で同年のブダペスト世界選手権代表に内定する。

ブダペスト世界選手権の内定条件を今年のオレゴン世界選手権入賞に設定したことについて山崎一彦強化委員長は、パリ五輪までを見据えて「入賞を狙える有力な選手たちに、なるべく準備が必要だと考えられる」ことなどを理由に挙げる。早くに内定を得られることによって「ダイヤモンドリーグなどに出場することができる」と、トップ選手が海外遠征する機会を設ける狙いもある。

パリ五輪8位入賞以上を期待される選手は「2022年度-2024年度強化競技者」に認定。国際競技会において8位以内に入賞した選手をゴールドアスリートに認定して各年度150万円が強化費として支給。シルバーアスリートには100万が支給される。

また、今夏のオレゴン世界選手権の報奨金について、優勝300万円、2位に200万円、3位に100万円という金額で承認された。

15年北京世界選手権から19年ドーハ世界選手権まで3大会は優勝報奨金は1000万円で、2位に500万円、3位に400万円だったが、「ここ数年の財政状況を考慮」して減額となった。秋のアジア大会(中国・杭州)については優勝報奨金は100万円。いずれもリレー種目は予選と決勝を走った選手に半額が支給される。陸連は「財政基盤を考えていきたい」としている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com