月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

R.ロスが男子400mで室内世界歴代3位の44秒62!クレメントの世界記録まで0秒05/全米学生室内選手権

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月12日、米国・アラバマ州バーミンガムで開催された全米学生室内選手権の男子400mでR.ロス(米国)が今季世界最高の44秒62で優勝した。この種目ではM.ノーマン(米国)の44秒52(世界記録として認定されず)、K.クレメント(米国)の44秒57の室内世界記録に続く世界室内歴代3位で、室内世界記録まであと0.05秒に迫る好記録だった。ロスは屋外で43秒85の自己ベストを持ち、昨年の東京五輪にも出場(予選敗退)。4×400mリレーも予選(2走)を走っている。

女子200mでは2週間前に室内世界歴代2位の22秒09をマークしたA.スタイナー(米国)が22秒16のセカンドベストで制覇。男子60mハードルはT.カニンガム(米国)が7秒38、女子60mハードルはG.スターク(米国)が7秒78の自己新でそれぞれ優勝した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com