月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

イェフアラウが女子10kmで29分14秒の世界新!男子10kmは元小森コーポレーションのケモイが優勝

2月27日にスペインで開催されたロードレース競技会の女子10kmでY.イェフアラウ(エチオピア)が29分14秒の世界新で優勝した。従来の世界記録は昨年K.ゲザヘン(バーレーン)がマークした29分38秒。

イェフアラウは2020年にポーランドで開催された世界ハーフマラソン選手権の銅メダリスト。五輪、世界選手権の出場実績はない。現在22歳で、トラックの自己記録は5000mが14分53秒77、10000mが30分20秒77でいずれも昨年の記録。ハーフマラソンでは、昨年8月にラーン(北アイルランド)で当時女子選手初の1時間4分切りとなる1時間3分44秒で走っていたが、コースの距離が54m足りていなかったことが判明して公認されなかった。その後、同10月にバレンシア(スペイン)で行われた大会で世界歴代2位の1時間3分51秒をマークしている。

同大会の男子10㎞は、20年まで日本の小森コーポレーションに所属していたロナルド・ケモイ(ケニア)が27分16秒で優勝。26歳のケモイは1500mで3分28秒81(14年)のU20世界記録を持ち、19年ドーハ世界選手権では7位に入っている。男子の2位は20歳のS.マサイ(男子)で27分18秒。女子はV.チェペングノ(ケニア)がイェフアラウとちょうど1分差の30分14秒で2位に続いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com