月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

五島莉乃が日本歴代5位の1時間8分03秒で日本人トップ!/実業団ハーフ女子


◇第50回全日本実業団ハーフマラソン(2月13日/山口)

全日本実業団ハーフマラソンが2月13日に行われ、女子はオマレ・ドルフィンニャボケ(ユーエスイー)
が1時間7分56秒で優勝。日本人トップの2位には、10000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破している五島莉乃(資生堂)が、1時間8分03秒の日本歴代5位をマークして入った。

五島は石川・星稜高から中大を経て資生堂2年目。中大時代にはユニバーシアード10000m2位。昨年11月のクイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)では5区(10.0km)を走り31分28秒の区間新をマークして区間賞を獲得。同12月には10000mで31分10秒02をマークし、オレゴン世界選手権の参加標準記録31分25秒00を突破した。今年1月の全国都道府県対抗女子駅伝では1区区間賞と勢いに乗っている。

3位には東京五輪10000m代表の安藤友香(ワコール)が1時間8分13秒(日本歴代7位)で入った。この種目の日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)は出場を予定している東京マラソンに向けての出場で、1時間10分12秒でフィニッシュしている。

■実業団ハーフマラソン女子の上位成績
1位 オマレ・ドルフィンニャボケ(ユーエスイー)1.07.56
2位 五島莉乃(資生堂)1.08.03
3位 安藤友香(ワコール)1.08.13
4位 筒井咲帆(ヤマダホールディングス)1.09.54
5位 新谷仁美(積水化学)1.10.12
6位 森智香子(積水化学)1.10.12
7位 大東優奈(天満屋)1.10.12
8位 川村楓(岩谷産業)1.10.17

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com