月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子400mハードルのダビドワがドーピングで資格停止処分 12年欧州選手権金メダリスト

女子400mハードルのI.ダビドワ(ロシア/現姓コレスニチェンコ)がドーピング違反で資格停止処分を受けたことが報じられている。

世界陸連の独立不正監査機関であるAIU(アスリート・インテグリティー・ユニット)は、世界アンチ・ドーピング機構から提供を受けたデータを検査。2012年6月20日から2015年6月30日の血液サンプルに違反が見つかった。これによりダビドワは今年1月17日から2年間の出場停止処分を受けることとなる。期間中の成績はすべて取り消されることになり、2012年の欧州選手権金メダル、同大会14年銅メダルなどが剥奪される。

また、男子三段跳のK.スハレフ(ロシア)がAIUから2度目の出場停止処分を受け、永久資格停止の可能性があることが報じられている。スハレスは09年U23欧州選手権3位に入賞していた。ダビドワ、スチャレフともにすでに現役を引退しているが、上訴することが可能である。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com