月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

帝京大が過去最高の往路2位!2年連続5区区間賞の細谷翔馬「往路優勝目指していたので悔しさもある」/箱根駅伝

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km

帝京大が過去最高だった前回の3位を上回る、2位で往路を終えた。

出雲駅伝8位、全日本大学駅伝は13位。決して前評判は高くなかったかもしれないが、選手たちはずっと「往路優勝&総合3位以内」と高い目標を掲げ続けていた。その強い思いを箱根路で体現してみせた。

1区の小野隆一朗(2年)は出雲、全日本でも1区を任されたが、区間9位、19位と悔しい思いを経験している選手。2度失敗している小野を、中野孝行監督は「練習はできていたので、疑いもなく1区に起用した」と力強く送り出した。

小野はそんな指揮官の期待に応えるように、目標の3位から27秒差の8位と好スタートを切る。中野監督は「2区が走りやすい位置で持ってきてくれたので、初箱根駅伝で役割を果たしてくれました」と、同じ北海道出身の教え子の活躍を喜んだ。

2区から5区は4年生が担当し、2区の中村風馬(4年)は大学の区間最高タイムを19秒更新する1時間7分10秒の区間8位で5位へ浮上。そして3区の遠藤大地が4度目の湘南で再び快走を見せた。

「2区の中村がすごく良い順位で持ってきてくれたので、先頭に立ってやろうという思いでスタートした」という当初の目標は果たせなかったものの、区間4位の走りで3位へ浮上。遠藤は大学で競技を引退するため、これが競技者としてラストレースとなるが、「毎日これが最後だと思って丁寧に丁寧に練習してきて、最高の調整ができて、最高の走りができた」と晴れやかな表情を見せた。

4区の寺嶌渓一は順位を1つ落としたものの、5区の細谷翔馬には4位という絶好の位置でタスキをつないだ。

「4区までの走りで勇気をもらったので、往路優勝に向けて1つでも順位を上げていこうと思いました」という細谷は、駒大の金子伊吹(2年)を引き連れてどんどん順位を上げていく。國學院大と東京国際大を抜き、中盤まで粘った金子も引き離した。先頭を行く青学大の背中は捕らえられなかったが、往路の過去最高成績を更新する2位で芦ノ湖のフィニッシュを迎えた。

「帝京大初の2位でうれしいですが、往路優勝を目標にしていたので、悔しさもあります」と細谷。2年連続の5区区間賞は、「山の神」と呼ばれた柏原竜二(東洋大)以来となる快挙だが、「自分の力を出し切ることだけを考えていました。憧れの舞台で、2回走ることができて楽しかったなと思います」と謙虚に喜んだ。

往路2位の好成績に、普段は辛口な指揮官も「よく辛抱強くタスキをつないでくれた」と選手たちを高評価。復路については「自分のベストパフォーマンスをしてゴールまでタスキを運ぶだけです。その先に何か見えてくるかもしれません」と密かな野望を見据えているようだった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com