HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.01.03

帝京大が過去最高の往路2位!2年連続5区区間賞の細谷翔馬「往路優勝目指していたので悔しさもある」/箱根駅伝
帝京大が過去最高の往路2位!2年連続5区区間賞の細谷翔馬「往路優勝目指していたので悔しさもある」/箱根駅伝

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km

広告の下にコンテンツが続きます

帝京大が過去最高だった前回の3位を上回る、2位で往路を終えた。

出雲駅伝8位、全日本大学駅伝は13位。決して前評判は高くなかったかもしれないが、選手たちはずっと「往路優勝&総合3位以内」と高い目標を掲げ続けていた。その強い思いを箱根路で体現してみせた。

1区の小野隆一朗(2年)は出雲、全日本でも1区を任されたが、区間9位、19位と悔しい思いを経験している選手。2度失敗している小野を、中野孝行監督は「練習はできていたので、疑いもなく1区に起用した」と力強く送り出した。

小野はそんな指揮官の期待に応えるように、目標の3位から27秒差の8位と好スタートを切る。中野監督は「2区が走りやすい位置で持ってきてくれたので、初箱根駅伝で役割を果たしてくれました」と、同じ北海道出身の教え子の活躍を喜んだ。

広告の下にコンテンツが続きます

2区から5区は4年生が担当し、2区の中村風馬(4年)は大学の区間最高タイムを19秒更新する1時間7分10秒の区間8位で5位へ浮上。そして3区の遠藤大地が4度目の湘南で再び快走を見せた。

「2区の中村がすごく良い順位で持ってきてくれたので、先頭に立ってやろうという思いでスタートした」という当初の目標は果たせなかったものの、区間4位の走りで3位へ浮上。遠藤は大学で競技を引退するため、これが競技者としてラストレースとなるが、「毎日これが最後だと思って丁寧に丁寧に練習してきて、最高の調整ができて、最高の走りができた」と晴れやかな表情を見せた。

4区の寺嶌渓一は順位を1つ落としたものの、5区の細谷翔馬には4位という絶好の位置でタスキをつないだ。

「4区までの走りで勇気をもらったので、往路優勝に向けて1つでも順位を上げていこうと思いました」という細谷は、駒大の金子伊吹(2年)を引き連れてどんどん順位を上げていく。國學院大と東京国際大を抜き、中盤まで粘った金子も引き離した。先頭を行く青学大の背中は捕らえられなかったが、往路の過去最高成績を更新する2位で芦ノ湖のフィニッシュを迎えた。

広告の下にコンテンツが続きます

「帝京大初の2位でうれしいですが、往路優勝を目標にしていたので、悔しさもあります」と細谷。2年連続の5区区間賞は、「山の神」と呼ばれた柏原竜二(東洋大)以来となる快挙だが、「自分の力を出し切ることだけを考えていました。憧れの舞台で、2回走ることができて楽しかったなと思います」と謙虚に喜んだ。

往路2位の好成績に、普段は辛口な指揮官も「よく辛抱強くタスキをつないでくれた」と選手たちを高評価。復路については「自分のベストパフォーマンスをしてゴールまでタスキを運ぶだけです。その先に何か見えてくるかもしれません」と密かな野望を見据えているようだった。

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km

帝京大が過去最高だった前回の3位を上回る、2位で往路を終えた。

出雲駅伝8位、全日本大学駅伝は13位。決して前評判は高くなかったかもしれないが、選手たちはずっと「往路優勝&総合3位以内」と高い目標を掲げ続けていた。その強い思いを箱根路で体現してみせた。

1区の小野隆一朗(2年)は出雲、全日本でも1区を任されたが、区間9位、19位と悔しい思いを経験している選手。2度失敗している小野を、中野孝行監督は「練習はできていたので、疑いもなく1区に起用した」と力強く送り出した。 小野はそんな指揮官の期待に応えるように、目標の3位から27秒差の8位と好スタートを切る。中野監督は「2区が走りやすい位置で持ってきてくれたので、初箱根駅伝で役割を果たしてくれました」と、同じ北海道出身の教え子の活躍を喜んだ。 2区から5区は4年生が担当し、2区の中村風馬(4年)は大学の区間最高タイムを19秒更新する1時間7分10秒の区間8位で5位へ浮上。そして3区の遠藤大地が4度目の湘南で再び快走を見せた。 「2区の中村がすごく良い順位で持ってきてくれたので、先頭に立ってやろうという思いでスタートした」という当初の目標は果たせなかったものの、区間4位の走りで3位へ浮上。遠藤は大学で競技を引退するため、これが競技者としてラストレースとなるが、「毎日これが最後だと思って丁寧に丁寧に練習してきて、最高の調整ができて、最高の走りができた」と晴れやかな表情を見せた。 4区の寺嶌渓一は順位を1つ落としたものの、5区の細谷翔馬には4位という絶好の位置でタスキをつないだ。 「4区までの走りで勇気をもらったので、往路優勝に向けて1つでも順位を上げていこうと思いました」という細谷は、駒大の金子伊吹(2年)を引き連れてどんどん順位を上げていく。國學院大と東京国際大を抜き、中盤まで粘った金子も引き離した。先頭を行く青学大の背中は捕らえられなかったが、往路の過去最高成績を更新する2位で芦ノ湖のフィニッシュを迎えた。 「帝京大初の2位でうれしいですが、往路優勝を目標にしていたので、悔しさもあります」と細谷。2年連続の5区区間賞は、「山の神」と呼ばれた柏原竜二(東洋大)以来となる快挙だが、「自分の力を出し切ることだけを考えていました。憧れの舞台で、2回走ることができて楽しかったなと思います」と謙虚に喜んだ。 往路2位の好成績に、普段は辛口な指揮官も「よく辛抱強くタスキをつないでくれた」と選手たちを高評価。復路については「自分のベストパフォーマンスをしてゴールまでタスキを運ぶだけです。その先に何か見えてくるかもしれません」と密かな野望を見据えているようだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top