月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子短距離の桐生祥秀クリスマスに山梨で50m真剣勝負&サッカー・ラグビーとコラボも


写真提供/Motoyuki Kitahara@moto_graphys

男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が、自身の主宰する「K Project」のイベントとして「Sprint 50 Sports Festival in Yamanashi」を12月25日のクリスマスに開催。約380名の親子が参加した。

今年の夏に初めて開催し話題となった「Sprint 50 Challenge」は、桐生祥秀が世代を超えて50mを真剣勝負するというイベント。今回は山梨で初開催され、桐生は予選を勝ち抜いた小学生や父・母と一緒に全力疾走し、6秒48で「貫禄」を示した。桐生は「みなさん速くて僕も本気で走りました。結構ヒヤヒヤしました」と笑顔を見せる。

イベントの午前中には親子で体験する「スプリント・チャレンジ」の他に、県内のクラブチームとコラボした「サッカーチャレンジ」「ラグビーチャレンジ」も実施。桐生も各セクションを周りながら親子と一緒になってチャレンジしていた。

このほか、トークショーやプレゼント抽選会も行われ、富士山をバックに参加者全員と一斉に50mを全力疾走するサプライズ企画も。また、今回初めての試みとしてまた、今回初の試みとしてサスティナブル活動の一環として不要になったシューズを回収し、子どもたちにシューズを送り、外で駆け回る環境を支援する「Shoes for the Future Project」もスタートさせ、参加者から不要になったシューズを受け取った。

参加した親子に特別なクリスマスをプレゼントした桐生。今後も「イベントも本格的にいろいろやっていきたい」と語った。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com