月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

洛南・佐藤圭汰が3区で留学生とも互角の走り!日本人歴代最高の23分10秒で2位を死守


◇全国高校駅伝・男子(京都/たけびしスタジアム京都発着:7区間42.195km)

第72回全国高校駅伝の男子が12月26日行われ、3区に1500m、3000m、5000mの高校記録を持つ佐藤圭汰(洛南高3京都)が前回に続いて3区に登場した。

世羅(広島)、倉敷(岡山)の留学生相手にもひるむことなく疾走し、4秒差だった先頭を行く世羅のコスマス・ムワンギとの差をなんとか15秒でとどめた。さらに、倉敷のイマヌエル・キプチルチルに一度は追いつかれたものの突き放す力走。

23分10秒の区間4位で、従来の日本人最高だった中谷雄飛(佐久長聖)の23分28秒を18秒も塗り替えた。

佐藤は「途中、いいペースで行っていたが、向かい風が強くて寒くて身体が動か なかったが、いい感じにまとめられました」と言うが、「まだ満足いく結果では ないです」と振り返った。

■3区の日本人歴代5傑
23.10佐藤圭汰(洛南)21年
23.28中谷雄飛(佐久長聖)16年
23.34志方文典(西脇工)09年
23.37工藤慎作(八千代松陰)21年
23.38村澤明伸(佐久長聖)08年

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com