月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

仙台育英が2年ぶり5度目のV!米澤奈々香1区が的中して圧巻の逃げ切り/全国高校駅伝女子


◇全国高校駅伝・女子(京都/たけびしスタジアム京都発着:5区間21.0975km)

全国高校駅伝の女子が12月26日に行われ仙台育英(宮城)が1時間7分16秒で優勝した。

寒空の下でスタートした女子。仙台育英は1区にエースの米澤奈々香(3年)を起用する“超攻撃的”な布陣で臨んだ。その狙い通り、米澤が圧巻の走りを披露。冷たい風のなか、2位の立命館宇治(京都)に30秒差をつける9分15秒の区間賞を獲得する。

続く杉森心音(2年)も2区の日本人歴代3位となる12分41秒の区間賞。3区ではケガから復活の山中菜摘(3年)が区間賞の走りでさらに差を広げて1分以上に。3区終了時点で埼玉栄(埼玉)が1996年に作った大会記録1時間6分26秒を上回るペースだった。4区・渡邉来愛、5区・須郷柚菜も1年生ながら安定した走りを披露。最後は須郷が歓喜のフィニッシュテープを切った。

仙台育英は2年ぶり5度目の優勝。93年に初優勝して翌年に連覇を飾り、17年、19年にも制している。

●仙台育英高メンバー
1区 米澤奈々香(3年)9分15秒(区間1位)
2区 杉森心音(2年)12分41秒(区間1位)
3区 山中菜摘(3年)9分53秒(区間1位)
4区 渡邉来愛(1年)9分23秒(区間2位)
5区 須郷柚菜(1年)16分04秒(区間5位)

■全国高校駅伝女子の上位成績
1位 仙台育英(宮城)1時間7分16秒
2位 薫英女学院(大阪)1時間8分23秒
3位 神村学園(鹿児島)1時間8分23秒
4位 立命館宇治(京都)1時間8分59秒
5位 興譲館(岡山)1時間9分45秒
6位 須磨学園(兵庫)1時間9分46秒
7位 長野東(長野)1時間9分51秒
8位 諫早(長崎)1時間9分54秒

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com