HOME 学生長距離

2021.12.24

箱根駅伝Stories/國學院大を初優勝に導くエース藤木宏太「どこを走っても区間賞を取る」
箱根駅伝Stories/國學院大を初優勝に導くエース藤木宏太「どこを走っても区間賞を取る」

箱根駅伝Stories

藤木宏太
Fujiki Kota(國學院大學4年)

12月29日の区間エントリーを直前に控え、箱根駅伝ムードが徐々に高まっている。「箱根駅伝Stories」と題し、12月下旬から本番まで計19本の特集記事を掲載していく。

第9回目は、1年時からチームの主力として活躍してきた國學院大の藤木宏太(4年)に話を聞いた。

これまでの箱根駅伝は3年連続1区で区間成績は10位、2位、12位。本人は「特に走りたい区間はない」と話すが、任された区間で結果を残し、目標の総合優勝へチームを導いていく。

悔しさを味わった前半シーズン

秋。駅伝シーズンに入っても、藤木宏太(4年)の調子はなかなか上がらなかった。

「まあ、こんなもんだと思っています。故障明けで、即席で合わせていたので、足を引っ張らないように、何としてもタスキをつなごうと思っていました」

出雲駅伝は3区区間10位、全日本大学駅伝は4区区間7位という結果は、過去の藤木の活躍からすれば物足りなくも感じる。それでも、その時点での藤木にとっては精一杯の走りだった。

苦しい走りにはなったが、前田康弘監督も藤木の奮闘を称えている。

「藤木は夏にずっと故障していて、出雲で無理をさせてダメージを与えてしまいました。その後、全日本までの3週間で何とか立て直し、前を向いてがんばってくれました」

出雲、全日本ともに4位と安定して好成績を収めたのは、伊地知賢造(2年)や平林清澄(1年)といった下級生の台頭なども大きかった。だが、4年間チームの主力として活躍を見せてきた藤木がいなくては、おそらくこの位置にはいなかっただろう。

前回の箱根は区間12位だったが、その後の藤木には、ますます強さが増した印象があった。3月の日本学生ハーフは、表彰台にはあと一歩届かなかったが、4位入賞。強風が吹き荒れるなか、終盤まで優勝争いを繰り広げた。

そして、トラックシーズンに入ると、5月の関東インカレ2部10000mで28分10秒30の國學院大記録を樹立して5位に入った。

「自分としては、前半戦は(6月の)全日本の選考会だけしか目標になかったので、関東インカレでは『あっさり自己ベストが出たな』という感じでした」

藤木自身は冷静に振り返るが、照準を合わせていなくても、きちんと結果を出すあたりが、エースと呼ばれる所以なのだろう。

しかし、目標としていた全日本大学駅伝関東地区選考会では悔しさを味わった。最終4組に登場した藤木は、日本人トップを目指し、留学生相手にも果敢にチャレンジしたが、結果は16着。

「力の差を見せつけられたなと思っています」

連戦の代償も大きかった。7月に2週続けてホクレン・ディスタンスチャレンジに出場した後、右脚のふくらはぎ(後脛骨筋)の痛みが我慢しきれなくなった。

「全日本選考会が終わってからずっと痛くて、我慢していたんですけど、我慢がきかなくなりました。1、2週間で治るだろうと思っていたのですが……」

7月中旬から9月上旬まで、2ヵ月近くもの間、まともに走ることができなかった。これが冒頭の藤木の言葉の理由だ。

「どこを走っても区間賞を取る気でいます」

北海道栄高3年時には5000mで同大会を5位通過し、インターハイに出場した

2つの駅伝を終えて、いよいよ残すは箱根駅伝のみとなった。

「全日本が終わってから、藤木の雰囲気がガラッと変わりました。箱根は確実に走りますよ。彼の能力からしたら、このままでは終われないでしょう。最後の箱根は絶対に何か良いことがあるんじゃないかなと思っています」

前田監督の予感が的中するなら、出雲、全日本とは別人のような活躍を、最後の箱根で藤木は見せてくれるだろう。

チームが箱根駅伝で掲げる目標は、前々回の3位を上回る総合優勝。2つの駅伝ではともに4位と健闘するも、まだまだ足りない部分がある。そのピースの1つが、ここまで本来の走りを見せられずにいるダブルエース、藤木と中西大翔(3年)の完全復調だ。その目処は立っており、箱根は盤石な布陣で臨めそうだ。

箱根への意気込みを藤木に聞くと、「今は、まずは練習を積んでいこう、ということしか考えていません」ときっぱり。

「前回は本当なら2区の予定でしたし、4年連続で1区になるかどうかはわかりません。特に走りたい区間はないんですけど、どこを走っても区間賞を取る気でいます。それに、今回は自分が往路を走らなかったとしても、(戦力が充実しているため)そんなに戦力が変わらないチーム状況になってきています」

藤木がこう話すのも、頼もしい仲間の成長があるからかもしれない。昨年度までは、藤木と中西ばかりが注目されることが多かったが、今年度は伊地知や平林に加え、4年生の木付琳、島﨑慎愛も安定した走りを見せている。さらに、藤木とともに1年時から箱根に出場している殿地琢朗も控える。

チームとして過去最高を証明する時はもうすぐ――。

◎ふじき・こうた/2000年3月2日生まれ。北海道出身。172cm、52kg。上富良野中(北海道)→北海道栄高→國學院大。5000m13分44秒94、10000m28分10秒30。

文/福本ケイヤ

箱根駅伝Stories 藤木宏太 Fujiki Kota(國學院大學4年) 12月29日の区間エントリーを直前に控え、箱根駅伝ムードが徐々に高まっている。「箱根駅伝Stories」と題し、12月下旬から本番まで計19本の特集記事を掲載していく。 第9回目は、1年時からチームの主力として活躍してきた國學院大の藤木宏太(4年)に話を聞いた。 これまでの箱根駅伝は3年連続1区で区間成績は10位、2位、12位。本人は「特に走りたい区間はない」と話すが、任された区間で結果を残し、目標の総合優勝へチームを導いていく。

悔しさを味わった前半シーズン

秋。駅伝シーズンに入っても、藤木宏太(4年)の調子はなかなか上がらなかった。 「まあ、こんなもんだと思っています。故障明けで、即席で合わせていたので、足を引っ張らないように、何としてもタスキをつなごうと思っていました」 出雲駅伝は3区区間10位、全日本大学駅伝は4区区間7位という結果は、過去の藤木の活躍からすれば物足りなくも感じる。それでも、その時点での藤木にとっては精一杯の走りだった。 苦しい走りにはなったが、前田康弘監督も藤木の奮闘を称えている。 「藤木は夏にずっと故障していて、出雲で無理をさせてダメージを与えてしまいました。その後、全日本までの3週間で何とか立て直し、前を向いてがんばってくれました」 出雲、全日本ともに4位と安定して好成績を収めたのは、伊地知賢造(2年)や平林清澄(1年)といった下級生の台頭なども大きかった。だが、4年間チームの主力として活躍を見せてきた藤木がいなくては、おそらくこの位置にはいなかっただろう。 前回の箱根は区間12位だったが、その後の藤木には、ますます強さが増した印象があった。3月の日本学生ハーフは、表彰台にはあと一歩届かなかったが、4位入賞。強風が吹き荒れるなか、終盤まで優勝争いを繰り広げた。 そして、トラックシーズンに入ると、5月の関東インカレ2部10000mで28分10秒30の國學院大記録を樹立して5位に入った。 「自分としては、前半戦は(6月の)全日本の選考会だけしか目標になかったので、関東インカレでは『あっさり自己ベストが出たな』という感じでした」 藤木自身は冷静に振り返るが、照準を合わせていなくても、きちんと結果を出すあたりが、エースと呼ばれる所以なのだろう。 しかし、目標としていた全日本大学駅伝関東地区選考会では悔しさを味わった。最終4組に登場した藤木は、日本人トップを目指し、留学生相手にも果敢にチャレンジしたが、結果は16着。 「力の差を見せつけられたなと思っています」 連戦の代償も大きかった。7月に2週続けてホクレン・ディスタンスチャレンジに出場した後、右脚のふくらはぎ(後脛骨筋)の痛みが我慢しきれなくなった。 「全日本選考会が終わってからずっと痛くて、我慢していたんですけど、我慢がきかなくなりました。1、2週間で治るだろうと思っていたのですが……」 7月中旬から9月上旬まで、2ヵ月近くもの間、まともに走ることができなかった。これが冒頭の藤木の言葉の理由だ。

「どこを走っても区間賞を取る気でいます」

北海道栄高3年時には5000mで同大会を5位通過し、インターハイに出場した 2つの駅伝を終えて、いよいよ残すは箱根駅伝のみとなった。 「全日本が終わってから、藤木の雰囲気がガラッと変わりました。箱根は確実に走りますよ。彼の能力からしたら、このままでは終われないでしょう。最後の箱根は絶対に何か良いことがあるんじゃないかなと思っています」 前田監督の予感が的中するなら、出雲、全日本とは別人のような活躍を、最後の箱根で藤木は見せてくれるだろう。 チームが箱根駅伝で掲げる目標は、前々回の3位を上回る総合優勝。2つの駅伝ではともに4位と健闘するも、まだまだ足りない部分がある。そのピースの1つが、ここまで本来の走りを見せられずにいるダブルエース、藤木と中西大翔(3年)の完全復調だ。その目処は立っており、箱根は盤石な布陣で臨めそうだ。 箱根への意気込みを藤木に聞くと、「今は、まずは練習を積んでいこう、ということしか考えていません」ときっぱり。 「前回は本当なら2区の予定でしたし、4年連続で1区になるかどうかはわかりません。特に走りたい区間はないんですけど、どこを走っても区間賞を取る気でいます。それに、今回は自分が往路を走らなかったとしても、(戦力が充実しているため)そんなに戦力が変わらないチーム状況になってきています」 藤木がこう話すのも、頼もしい仲間の成長があるからかもしれない。昨年度までは、藤木と中西ばかりが注目されることが多かったが、今年度は伊地知や平林に加え、4年生の木付琳、島﨑慎愛も安定した走りを見せている。さらに、藤木とともに1年時から箱根に出場している殿地琢朗も控える。 チームとして過去最高を証明する時はもうすぐ――。 ◎ふじき・こうた/2000年3月2日生まれ。北海道出身。172cm、52kg。上富良野中(北海道)→北海道栄高→國學院大。5000m13分44秒94、10000m28分10秒30。 文/福本ケイヤ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top