月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Playback2021日本記録/五輪を目指した男女混合4×400mRで2度の日本新 五輪届かずも来夏の世界陸上へ弾み


2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

五輪目指して2度の日本記録更新

2019年のドーハ世界選手権から正式種目となった男女混合4×400mリレー。男女それぞれ2人ずつが出走する。オリンピック初実施となる東京五輪への出場権を目指す日本は5月の世界リレーに出場し、1走・池田弘佑(あすなろ会)、2走・松本奈菜子(東邦銀行)、3走・小林茉由(J.VIC)、4走・鈴木碧斗(東洋大)のオーダーで臨んだ。

ファイナル8チームと、それに次ぐ予選のタイム上位2ヵ国が五輪出場権を獲得するという条件でスタートする。日本は池田が2着でバトンパスすると、同大会で女子4×400mリレーも走った松本、小林がつなぎアンカーの鈴木がフィニッシュ。3分18秒76で組5着となり、決勝進出はならず、東京五輪出場権の獲得は果たせなかった。

それでも、ドーハ世界選手権でマークした3分18秒77の日本記録を0.01秒更新。予選の総合結果の末、来年の世界選手権の出場権はしっかりと手にした。

世界リレーから約1ヵ月後の木南記念では、記録によるランキングで東京五輪出場を目指し再び男女混合マイルが編成されトライアルが行われた。オーダーは青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、佐藤拳太郎(富士通)、川端魁人(三重県教員AC)。このレースでは世界リレーから2秒09タイムを縮めて、3分16秒67でフィニッシュ。この時点でターゲットナンバー16位以内となる15番目に浮上し、東京五輪の出場圏内に入った。

それでも、佐藤は「本来なら3分15秒くらいがほしかった」、青山は「もう少し走りで貢献したかった」とコメント。その言葉通り、最終的に男女混合マイルリレーは他国がタイムを短縮したことでターゲットナンバー外にはじき出され、五輪出場とはならなかった。

だが、東京五輪で男子4×400mリレーが日本タイ記録を樹立し、女子400mでも好記録が続くなど、盛り上がりを見せている日本のロングスプリント。すでに来夏のオレゴン世界選手権の出場権は獲得済み。あとは選手たちが語るように「個の力」を伸ばして、世界のファイナルを目指していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com