HOME 特集

2021.12.22

Playback2021日本記録/五輪を目指した男女混合4×400mRで2度の日本新 五輪届かずも来夏の世界陸上へ弾み
Playback2021日本記録/五輪を目指した男女混合4×400mRで2度の日本新 五輪届かずも来夏の世界陸上へ弾み


2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

五輪目指して2度の日本記録更新

2019年のドーハ世界選手権から正式種目となった男女混合4×400mリレー。男女それぞれ2人ずつが出走する。オリンピック初実施となる東京五輪への出場権を目指す日本は5月の世界リレーに出場し、1走・池田弘佑(あすなろ会)、2走・松本奈菜子(東邦銀行)、3走・小林茉由(J.VIC)、4走・鈴木碧斗(東洋大)のオーダーで臨んだ。

ファイナル8チームと、それに次ぐ予選のタイム上位2ヵ国が五輪出場権を獲得するという条件でスタートする。日本は池田が2着でバトンパスすると、同大会で女子4×400mリレーも走った松本、小林がつなぎアンカーの鈴木がフィニッシュ。3分18秒76で組5着となり、決勝進出はならず、東京五輪出場権の獲得は果たせなかった。

それでも、ドーハ世界選手権でマークした3分18秒77の日本記録を0.01秒更新。予選の総合結果の末、来年の世界選手権の出場権はしっかりと手にした。

世界リレーから約1ヵ月後の木南記念では、記録によるランキングで東京五輪出場を目指し再び男女混合マイルが編成されトライアルが行われた。オーダーは青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、佐藤拳太郎(富士通)、川端魁人(三重県教員AC)。このレースでは世界リレーから2秒09タイムを縮めて、3分16秒67でフィニッシュ。この時点でターゲットナンバー16位以内となる15番目に浮上し、東京五輪の出場圏内に入った。

それでも、佐藤は「本来なら3分15秒くらいがほしかった」、青山は「もう少し走りで貢献したかった」とコメント。その言葉通り、最終的に男女混合マイルリレーは他国がタイムを短縮したことでターゲットナンバー外にはじき出され、五輪出場とはならなかった。

だが、東京五輪で男子4×400mリレーが日本タイ記録を樹立し、女子400mでも好記録が続くなど、盛り上がりを見せている日本のロングスプリント。すでに来夏のオレゴン世界選手権の出場権は獲得済み。あとは選手たちが語るように「個の力」を伸ばして、世界のファイナルを目指していく。

2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

五輪目指して2度の日本記録更新

2019年のドーハ世界選手権から正式種目となった男女混合4×400mリレー。男女それぞれ2人ずつが出走する。オリンピック初実施となる東京五輪への出場権を目指す日本は5月の世界リレーに出場し、1走・池田弘佑(あすなろ会)、2走・松本奈菜子(東邦銀行)、3走・小林茉由(J.VIC)、4走・鈴木碧斗(東洋大)のオーダーで臨んだ。 ファイナル8チームと、それに次ぐ予選のタイム上位2ヵ国が五輪出場権を獲得するという条件でスタートする。日本は池田が2着でバトンパスすると、同大会で女子4×400mリレーも走った松本、小林がつなぎアンカーの鈴木がフィニッシュ。3分18秒76で組5着となり、決勝進出はならず、東京五輪出場権の獲得は果たせなかった。 それでも、ドーハ世界選手権でマークした3分18秒77の日本記録を0.01秒更新。予選の総合結果の末、来年の世界選手権の出場権はしっかりと手にした。 世界リレーから約1ヵ月後の木南記念では、記録によるランキングで東京五輪出場を目指し再び男女混合マイルが編成されトライアルが行われた。オーダーは青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、佐藤拳太郎(富士通)、川端魁人(三重県教員AC)。このレースでは世界リレーから2秒09タイムを縮めて、3分16秒67でフィニッシュ。この時点でターゲットナンバー16位以内となる15番目に浮上し、東京五輪の出場圏内に入った。 それでも、佐藤は「本来なら3分15秒くらいがほしかった」、青山は「もう少し走りで貢献したかった」とコメント。その言葉通り、最終的に男女混合マイルリレーは他国がタイムを短縮したことでターゲットナンバー外にはじき出され、五輪出場とはならなかった。 だが、東京五輪で男子4×400mリレーが日本タイ記録を樹立し、女子400mでも好記録が続くなど、盛り上がりを見せている日本のロングスプリント。すでに来夏のオレゴン世界選手権の出場権は獲得済み。あとは選手たちが語るように「個の力」を伸ばして、世界のファイナルを目指していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top