月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

洛南高・佐藤圭汰が駒大に合格「トラックと三大駅伝、両方で活躍したい」


1500m、3000m、5000mで高校記録を持つ佐藤圭汰(洛南高・京都)が来春、駒大へ進学することがわかった。

佐藤は、12月9日に行われた日本陸連アスレティックス・アワードで「日本陸連選出新人賞」を受賞。その際に会見に登壇し、今後の目標についても語っていた。

今シーズンについては、「今年のはじめに1500mと3000mと5000mの高校記録を樹立するという目標を立てていました。その目標は達成できましたが、インターハイ(5000m)で日本人トップとはいえ留学生に負けてしまい、上には上がいると知れました」と振り返る。その経験を踏まえ、「しっかりと向上心を持って過ごしていきたい」と気を引き締めていた。

大学進学後は「トラックをメインにやっていきつつ、駅伝でも注目されると思うので、三大駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)で活躍して、トラックと駅伝両方で活躍できるようになりたいです」と意気込みを語る。

目標は東京五輪1500mを制したヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)。「アフリカ系選手が活躍する中長距離で結果を残している選手。自分もアフリカ系選手に負けないような力強い走りをして、ヤコブ選手に追いつけるようになりたいです。これから、国際大会に出場して経験を積んでいきたい」と述べていた。

箱根駅伝を制し、全日本大学駅伝を連覇する駒大だが、今夏の東京五輪マラソン代表にOBの中村匠吾(富士通)が出場したり、3年主将の田澤廉が10000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破する日本歴代2位の27分23秒44をマークしたり、大八木弘明監督は学生駅伝の枠組みを超えた育成にも定評がある。

田澤が4年生、3年世代にも鈴木芽吹ら有力ランナーがそろう駒大。佐藤はトラックで世界を目指しながら、駅伝王者・駒大の一員として先輩たちにどう食らいついていくのか注目が集まる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com