【PR】駅伝王者・東海大学のコンディショニング第1弾(後編)『月刊陸上競技』2019年11月号誌面転載記事

【短期集中連載】
駅伝王者・東海大学のコンディショニング

第1弾 トレーニングを継続できる要因とは?(後編)

 アスリートが強くなるためにはトレーニングが欠かせない。一方で、トレーニングを継続して消化するためには日々のコンディショニングが必要不可欠だ。では、正月の箱根駅伝で初優勝を果たし、今季は学生駅伝3冠を目指す東海大の選手たちは、どのような工夫をしてコンディションを整えているのか。その取り組みを探った。

練習に励む東海大駅伝チームの選手たち
前編はこちら

万全の状態で駅伝シーズンへ

 日本選手権の3000m障害で優勝した阪口竜平(4年)は、コンディショニングへの意識もさらに徹底している。この夏はドーハ世界選手権出場を目指し、8月28日からチーム合宿を離れて西出仁明ヘッドコーチとともにクロアチアとスペインを転戦。その際にはinゼリーを箱ごと持参して摂取していたという。

「走る30分前にはinゼリーのエネルギーを、練習後にはプロテインを飲みます。試合の時にはinゼリーの『プロテイン10000』を自分で購入して、レース後30分以内には飲むようにしています」(阪口)

 また、阪口にはこだわりの調整方法がある。「ヒートショックプロテイン入浴法」というもので、入浴を20分→アイシングを20分→入浴を20分と交互に行うことで、細胞の修復を活性化するのが狙いだ。

「高校生の時から取り入れていて、試合の2日前にやっておくと身体が動きやすいと感じます」(阪口)

 その他にも阪口はスーパーフードと呼ばれるチアシードやナッツを食べるなど、「良いと思うものは取り入れていくべき」と貪欲な姿勢で次のステージを見据える。卒業後は米国に拠点を移すことも考えている東海大のエースは、9月の紋別合宿では各自ジョグの日に3回も30kmを走るなど、学生駅伝にも手を抜くつもりはない。

 では、それぞれに工夫をしながら過ごした夏の成果はどうなのか。東海大は貧血対策としてヘム鉄のタブレットを摂取するほか、採血をしなくても血液の状態を毎日モニタリングできる機器を導入しており、アメリカ合宿の初日と最終日には血液検査も実施。その結果、「歴然とした違い」(両角監督)が数値として表れているという。

 箱根駅伝王者・東海大の強さの秘密は、緻密なトレーニングに加え、それを完遂するためのコンディショニングも大きな要因と言えそうだ。

さまざまな工夫をして日々のコンディションを整えている阪口竜平。inゼリー プロテインは京都・洛南高時代から愛用している

前編はこちら

<関連リンク>
森永製菓「inゼリー」

・こちらの記事は『月刊陸上競技』2019年11月号に掲載しています

・現在発売中の2019年12月号では「第2弾 レースで最大限の力を発揮するために」を掲載しています