月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子・滋賀学園が県勢初入賞へ弾みの4連覇!女子は比叡山が11度目都大路/滋賀県高校駅伝

11月7日に滋賀県高校駅伝(希望ヶ丘)で行われ、男子は滋賀学園が、女子は比叡山がそれぞれ優勝を果たした。

男子(7区間42.195km)の滋賀学園は昨年の全国高校駅伝で過去最高順位の12位と健闘。そのメンバー3人が残る今年は2時間10分28秒で4年連続14回目の都大路出場を決めた。

1区で安原海晴(2年)が30分56秒の区間賞でスタートすると、ルーキーの大川翔雅も区間賞で続く。6区・辻蒼汰(3年)、7区・柴田侑(2年)と全国経験者まで区間賞でつないだ。

2019年の全国では、県最高記録となる2時間5分51秒をマークするも史上稀に見る高速レースで25位。だが、昨年は12位と強さも発揮しているだけに、今年は県最高成績(9位:水口東)を上回る初入賞を目指す。

女子(5区間21.0975km)は比叡山が1時間14分55秒でV。荒田悠良(2年)が21分00秒の区間賞で流れを作ると、2区では草津東の西田有里(1年)にかわされたものの、3区・石田遥花(3年)で再び首位に。その後は追いかける草津東を抑え、最終的には1分15秒の差をつけた。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com