月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子は浜松日体が最終区で逆転して4年ぶり全国切符!女子は浜松市立が初優勝/静岡県高校駅伝

静岡県高校駅伝は11月7日に行われ、男子(7区間42.195km)は浜松日体が2時間10分18秒で4年ぶりのV。女子(5区間21.0975km)は浜松市立が1時間12分23秒で初優勝を果たした。

浜松日体と東海大翔洋の激しい争いとなった男子。1区は福井インターハイ800mを大会新記録で制している東海大翔洋の兵藤ジュダ(3年)が、10kmにも対応して29分54秒の区間賞を獲得した。浜松日体は49秒差の11位とやや出遅れてしまう。

東海大翔洋は2区の佐野涼介(3年)も区間賞。その後も安定した試合運びで初出場へ突き進んだ。対する浜松日体も3区の児玉空琉(3年)が区間賞で2位に上がると、浜松工とともに前を追う。

5、6区で区間賞の浜松日体に対し、東海大翔洋は3区以降、区間5位以内でまとめて首位。6区終了時点でその差は15秒だった。アンカー対決では浜松日体の柘植貫太(2年)が区間賞の快走を見せて東海大翔洋を逆転し、見事にVフィニッシュを飾った。初全国を狙った東海大翔洋はあとわずか届かず涙をのんだ。

浜松日体は4年前に全国で6位入賞。県勢としてもそれ以来の入賞を狙う。

初出場への機運が高まっていた浜松市立。1区はインターハイ1500m3位のエース・兼子心晴(3年)が20分18秒の区間賞を獲得し、2位に34秒の差をつけた。その後2、3区も区間賞で独走。5区の伊藤果矢(3年)が歓喜のフィニッシュを飾った。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com