月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

新谷仁美が五輪後初ラン「どうにかして前を向かなくては」駅伝に向けてペースメーカー務める/MDC東京


◇ミドルディスタンスサーキット東京大会(10月30日/東京・駒沢)

東京五輪女子10000m代表の新谷仁美(積水化学)が、五輪後初めて公の場に登場。5000mでチームメイトらのペースメーカーを務めた。

「正直、まだ気持ちは前を向けていない」。ときおり声をつまらせながら語る。東京五輪で21位に終わった後は、「8月は引きこもっていました」。9月からようやく練習を再開。「ケガもしていないし、走らない理由はない」。だが、「結果がすべて」と自らを追い込んできただけに、「存在を消したいと思った」と、東京五輪の結果を受けて、身体とは裏腹に心はボロボロだった。

公の場で走るのはこれが東京五輪以降で初めて。「魅せる走りはできない。恥ずかしい」。それでも走ったのは仲間のため。「積水化学のメンバーはこんな私でも慕ってくれる。なんとか立ち上がらないといけない」と、全日本実業団女子駅伝を控えるチームのために、ペースメーカーをしっかり務めた。スタンドには自分の名前に拍手を送り、サインを求める人がいてくれる。それもうれしかった。

コーチである横田真人氏が今回の大会のように、さまざまな活動を通して陸上競技のあり方、楽しみ方を提供し、「結果だけじゃないところに価値があるのも理解できるし、大切なこと」と新谷。それでも、五輪を通じて「世間の声が直接に届いた」ことで、より「やっぱり結果を出さないといけない」と実感した。

それでも辞めなかったのは、「私が苦しんでいる以上苦しんでいると思う」(新谷)という横田コーチや、仲間・ファンの存在があったからだろう。次に残すべき「結果」は決まっている。

「実業団として、駅伝日本一の大事さは理解しています。今年はチームメイトの力も上がっていると聞いているので、今年こそ日本一を目指したい」

走ることは「仕事。好きではない」と公言する新谷が、唯一「楽しい」と言うのが仲間とタスキをつなぐ駅伝。若手が躍動する日本女子長距離界において、まだまだ新谷の存在が必要だ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com