月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

資生堂が3区から独走で初優勝!岩谷産業ら4チームが初の全日本切符獲得/プリンセス駅伝

全日本実業団対抗女子駅伝(11月28日/クイーンズ駅伝)の出場を懸けた予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」は10月24日、福岡県宗像市の宗像ユリックス前を発着点とする6区間42.195kmのコースに31チームが出場して行われ、資生堂が2時間16分41秒の大会新で初のトップ通過を果たした。

資生堂は1区の木村友香が21分44秒の区間新でトップ中継を果たす、最高の滑り出し。2区で第一生命グループにトップを譲ったが、最長10.7kmの3区で2年目の佐藤成葉がすぐにその座を奪い返す。

そして、4区のジュディ・チェプンゲティチが後続との差を一気に広げると、5区(10.4km)の高島由香が従来の区間記録を24秒も短縮する34秒14秒の快走で他を圧倒。アンカーの前田海音が、2位の天満屋に1分21秒差をつけてフィニッシュに飛び込んだ。

男子3000m障害で2度五輪に出場した岩水嘉孝氏が、今年6月にヘッドコーチから監督に就任した。昨年度から進める全日本制覇を目指した3年計画の2年目。前回は12位にとどまったが、大きな成果を残しそうな気配を漂わせる継走だった。

1分21秒差で2位に天満屋が入り、さらに30秒差で第一生命グループが3位と全日本優勝経験チームが上位で通過。12位の岩谷産業、15位のダイソー、17位のニトリ、19位の埼玉医科大学グループが初の全日本大会出場を決め、20位のキヤノンまでが全日本大会に出場する。21位のコモディイイダは14秒差で初の全日本切符を逃した。

■プリンセス駅伝 上位成績
1位 資生堂 2:16:41
2位 天満屋 2:18:02
3位 第一生命グループ 2:18:32
4位 大塚製薬 2:18:49
5位 三井住友海上 2:19:05
6位 エディオン 2:19:16
7位 日立 2:19:29
8位 ダイハツ 2:19:45
9位 ユニクロ 2:20:11
10位 ルートインホテルズ 2:20:14
11位 しまむら 2:20:27
12位 岩谷産業 2:20:37
13位 スターツ 2:20:44
14位 ユニバーサル 2:20:49
15位 ダイソー 2:20:51 32
16位 京セラ 2:21:00
17位 ニトリ 2:21:35
18位 シスメックス 2:22:21
19位 埼玉医科大学G 2:22:39
20位 キヤノン 2:23:39
以上、全日本大会出場
21位 コモディイイダ 2:23:55

※記事を一部訂正しました

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com