月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪女子マラソン8位の一山麻緒が5000mに出場 16分07秒92で1着/日本記録挑戦記録会

第9回日本記録挑戦会兼住友電工杯が10月17日、兵庫県伊丹市の住友総合グランド競技場で開催され、東京五輪女子マラソン8位の一山麻緒(ワコール)が5000mに出場。一山を含むワコール勢が交代でペースメイクをするかたちとなり、最後は16分07秒92でチームメイトの井手彩乃に0秒21差で競り勝った。

五輪後は9月下旬の全日本実業団対抗選手権の10000mで復帰。先頭から2分43秒遅れの34分35秒87と本調子には程遠かったが、少しずつ本来の走りを取り戻しつつある。

なお、チームメイトで東京五輪10000m代表の安藤友香は欠場した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com